日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > バッテリー交換の最中にスマホが爆発

中国で、またもやスマホバッテリーが爆発! 工賃ケチって自分でバッテリー交換の最中に……

カウンターでバッテリーを交換しようとする男

 つい1カ月ほど前にも、スマホのバッテリーが本物かニセモノかを確かめようとして噛んだら突然バッテリーが爆発したという事件が起こったばかりだが(参考記事)、またしてもスマホのバッテリーが爆発した。今回は、爆発したというよりも、突然火を噴いたといったほうがいいかもしれない。

 中国北西部の甘粛省にあるスマホ修理店で、一人の男がスマホのバッテリー交換にやってきた。普通なら店員に交換してもらうものだが、この男はケチで、ネットショップで安いバッテリーを購入し、それを店に持参し、工具だけ借りて自分で交換すると言い出したのだった。

 男が椅子に座り、ガラスケースの上で工具を使ってスマホからバッテリーを取り出そうとしていると、いきなり火を噴き、炎が男の顔を襲った。

スマホからいきなり炎が噴き出して男の顔面に

 慌てて飛び退る男。炎はさらに勢いを増し、まるで火炎放射器のように火を噴き続けた。

 どうやら男は、金属製の工具でバッテリーのプラスとマイナスの部分を同時に触れてしまったらしい。それによりバッテリーがショートして一気に電力が流れたために火を噴いたようだ。その間、わずか3秒ほどではあったが、スマホバッテリーの威力をまざまざと見せつけられた光景だった。

ものすごい勢いで炎が出続ける
逃げ惑う人たち

 中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、中国のスマホ用バッテリーについてこのように話す。

「スマホのバッテリーに使われているリチウムイオン電池には、かなりの量のエネルギーが溜め込まれており、もともと爆発しやすいと言われています。そこに持ってきて粗悪な中国製バッテリーでは、危険性はさらに増します。スマホ登場以前のガラケー時代には、バッテリー交換は自分でできましたが、その当時でも、出どころのわからないパチもんのバッテリーは、異様に熱を持ったり、いつの間にか膨らんできて使えなくなるなどの問題がしょっちゅう起こっていました」

 幸いにもこの男は大したケガをしなかったようだが、いずれにしてもバッテリー交換は、ケチって自分でやろうとせず、専門家に任せたほうがよさそうである。
(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/03/29 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

中国で、またもやスマホバッテリーが爆発! 工賃ケチって自分でバッテリー交換の最中に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真