日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 中日ファンのヤジ、なぜ許される?

中日ファン「原爆落ちろ」ヤジ騒動……サッカーなら“無観客試合級”なのに、なぜ許される?

 プロ野球の中日ファンが、広島戦で「原爆落ちろ」とのヤジを飛ばし、ネットで大騒動になっている。サッカーでは、いちファンの発言や行動が大問題になるが、野球はなぜこのようなひどい発言が許されるのか?

 問題のヤジは、マツダスタジアムで3月31日に行われた広島カープ対中日ドラゴンズ戦で、ビジター応援席にいた中日ファンが発したものだ。この人物は、応援の音楽に合わせて「死んじまえ! 原爆落ちろ!」と叫んでいる様子を自ら動画に収めTwitterに投稿。これに対し、広島ファンのみならず多数のネットユーザーから批判の声が殺到し、投稿した人物は謝罪したが、現時点ではこの人物や中日ドラゴンズが処分を受けるには至っていない。

 ここで思い浮かぶのが、サッカーの事例だ。世界手にサッカーでは、ファンの差別的、挑発的言動はチームの責任とされ、国内でも2014年に埼玉スタジアムで人種差別的な横断幕が掲げられた事件では、クラブ側の責任も問われ無観客試合という処分が下された。同年の横浜M対川崎戦では、黒人選手に対してバナナを振ったサポーターにも無期限の入場禁止が言い渡されている。スポーツライターが語る。

「世界中を熱狂させるサッカーの負の側面はあまり報じられませんが、海外の一部のファンの人種差別は猛烈です。黒人選手がボールを持つと、猿の鳴き声を真似した『キーキー』という声がサッカー場中に鳴り響いたり、バナナの皮が投げ込まれたり、肌の色を揶揄するような歌が歌われたりと、意味を知れば心が痛むようなひどい差別が横行しています。こういった差別行為を許さぬため、FIFAは、『人種、肌の色、性別、言語、宗教、出自などに関する差別的、侮蔑的行為を行った場合、懲罰を課す』と、定めており、当該チームへの罰金や参加資格の停止など、チームへの責任も求めています」

 差別は、人間として恥ずべき行為。当然「原爆落ちろ」という表現も許されるものではないことは確かだ。そこで疑問なのは、同じ日本で開催されている人気スポーツながら、なぜ「バナナ」が許されず、「原爆」が許されるのか? という点。

「野球については、野球機構の約款に、『威嚇』や『誹謗中傷』を禁ずる文言はありますが、『差別』に関する表記はありません。かつて、在日朝鮮人の強打者に対する人種的なヤジが延々と見逃されたことを見ても、差別問題には極めて鈍感なのが野球界です。一方、差別意識むき出しのヤジが飛び交うサッカーでは、仕切る側も厳罰をもって臨まねばなりません。それほど一部サッカーファンの差別の実態はひどいのです。それに対して、良くも悪くも差別や挑発にうるさくなかった“昭和のノリ”が残る野球界は、平成が終わろうとしている今日でも『ヤジも野球観戦の1つの花』と考える風潮があります。事実、今回の中日ファンもTwitterで「野次とだしてなんぼやぞおい! 暴言吐いてなんぼやぞ!」と主張していました。しかし今回の発言はあまりにひどすぎる。これをきっかけに、野球機構も重い腰を上げることになると思います」(同)

 好き勝手なヤジを飛ばしている野球ファンは、そろそろ「お客様は神様」という感覚を捨てたほうがよさそうだ。

最終更新:2018/04/05 18:00

中日ファン「原爆落ちろ」ヤジ騒動……サッカーなら“無観客試合級”なのに、なぜ許される?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真