日刊サイゾー トップ > 芸能  > 遠藤要、騒動続出で俳優終了!?

俳優・遠藤要、「闇カジノ賭博」に続き今度は「傷害事件」! たび重なる騒動で、ついに俳優人生終了!?

『そして、誰もいなくなった』公式ホームページより

 東京・六本木のカフェバーにて、「会計が高い」とアルバイト店員の俳優・谷川功を殴り、ケガを負わせていたことが18日伝えられた俳優・遠藤要。

 4月13日深夜、遠藤は六本木交差点付近のカフェバーに15人以上を引き連れて来店。シャンパンを約10本開けるなどの飲食をしたが、会計時に提示された通常金額に「高すぎる」と因縁をつけ、アルバイト店員でこの会計を行った俳優・谷川功の顔面を4、5発殴り、全治1週間~10日のケガを負わせた。谷川は16日に麻布署に被害届を提出。提出した経緯について谷川の所属事務所は「谷川が一方的に殴られ、被害届を提出したという状況です」と説明した。

 この報道に、ネットでは遠藤に対する批判的な言葉ばかりが上がっている。

「ネットでは、『クズだ』『犯人役ばっかやってるけど、役のまんまだな(笑)』『昔、同級生をいじめたことを武勇伝のように語ってたけど、因果応報だな(笑)』『いいかげん、引退したほうがいいんじゃない?』『これで、本当に終わったな』といった、遠藤さんを批判する言葉が上がっていました。まあ、当たり前ですが、擁護するような声は一切なかったですね」(芸能ライター)

 遠藤といえば、素行が悪いことで有名。昨年2月に、ものまねタレント清水アキラの息子・清水良太郎とともに、違法カジノ店で賭博を行ったことを「FRIDAY」(講談社)にて報道された後には2カ月間の謹慎処分となっていた。

「『FRIDAY』では、2人はカジノに慣れた様子だったと伝えられていましたが、2人は『違法賭博ではないと聞いていた』『2度目に入店した際に違法賭博と気付きすぐに退店した』と報道と違った言い訳を繰り返し、ネットでは失笑されていました。さらに、地方でのナンパ疑惑が出るなど、事務所も遠藤の素行の悪さに手を焼いていたよう。また騒動を起こされて、違約金を払うことになっては困ると思ったのか、事務所は3月いっぱいで遠藤の契約を解除していたみたいです。後ろ盾がない状態で今回の事件を起こしてしまったため、俳優人生終了の可能性もあるかもしれません」(同)

 俳優として再出発する矢先に事件を起こしてしまった遠藤。今後、どのような影響が出てくるのだろうか。

最終更新:2018/04/19 15:00
こんな記事も読まれています

俳優・遠藤要、「闇カジノ賭博」に続き今度は「傷害事件」! たび重なる騒動で、ついに俳優人生終了!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真