日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > AV女優の“パフパフ”サービスがNGに

AV女優・高瀬杏の“パフパフ”サービスがNGに! 香港アダルトイベントの規制強化に非難の声

問題となった、タマトイズのブース。レース越しに見える高瀬杏が艶かしく、ちょんの間や飾り窓のような雰囲気だ

 香港で成人向けイベント「18+Central香港首個成人嘉年華(香港初アダルトカーニバル)」が4月5日から8日まで開催された。ステージでは緊縛ショーやポールダンスなどが行われたほか、日本からAV女優の若月まりあ、水川すみれ、蓮実クレア、友田彩也香、高瀬杏がセクシー衣装で肢体を披露した。

 会場ではステージのほかに、アダルトグッズなどのPRを目的とした、さまざまなブースが設置された。その中のあるブースが物議を醸している。

「香港01」(4月7日付)によると、そのブースとはアダルトグッズショップ「タマトイズ(TMA)」で、高瀬杏を起用したイベントを行った。ブース来場者が料金を支払うと、高瀬杏から“特別サービス”を受けられるというもので、50香港ドルだと記念撮影(ただし女性限定)、100香港ドルだとサインが加わり、200香港ドルだと、抱擁と1分間の自由撮影が加わる。さらに400香港ドルの「天空之城」コースでは、耳かきやサランラップ越しのキスなど、より親密なサービスを受けられる。中でもとりわけ過激なのは「顔面貼乳」。顔をおっぱいにうずめて“パフパフ”ができるのだ。

「顔面貼乳」サービスはなかなかエロい

 当然、男性客が殺到したが、2日目には「顔面貼乳」の項目がマジックで塗りつぶされていた。

 主催者によると、サービス実施にあたり、専門家に法律的な観点からの意見を求めたところ、いわゆる“3点”が露出していなければ問題ないとのことだったが、日本よりも性に保守的である香港では、結局クレームが入ったようだ。そこでパフパフサービスは中止に、ラップ越しのキスも「ほっぺにチュ」に書き換えられてしまった。

クレームを受けて、まず「顔面貼乳」がマジックで塗りつぶされ、続いて「安全之吻」も「ほっぺにチュ」に書き換えられた。その変更の違いがよくわからないが……

 現地教育団体「香港教育政策関注社」の張民炳主席は、この特別サービスについて、下品で常軌を逸していると非難。18歳未満の入場を制限していたものの、「18歳はまだ青少年であり、若者に悪い認識を与えるべきでない」と教育上の悪影響を指摘した。

12

AV女優・高瀬杏の“パフパフ”サービスがNGに! 香港アダルトイベントの規制強化に非難の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真