日刊サイゾー トップ > 芸能  > 瑛太がボコるも、傷1つない錦戸亮

「瑛太はやりそう」「前もやらかしてる」 瑛太と錦戸亮の“馬乗りボコボコ”報道に飛び交う憶測

瑛太

 4月20日発売の「FRIDAY」(講談社)で、俳優の瑛太と錦戸亮の飲酒トラブルが報じられた。どうやら酒に酔った瑛太が、錦戸亮を“ボコボコ”にしたのだという。衝撃的な報道に、ネット上では「会見では錦戸亮に傷一つなかったけど?」「でも瑛太ならやりそう」と様々な憶測が飛び交っている。

 記事によると、同誌は4月10日に「東京・恵比寿にある会員制の高級ラウンジ『S』」でのトラブルをキャッチ。店の前に駆けつけたところ、まず瑛太が1人で姿を現してタクシーに乗り込み、その後、錦戸が数名の男性と出てきたそうだ。

「高級ラウンジ『S』」店内で起こった騒動について、「FRIDAY」が取材した“目撃者”は「瑛太さんはテキーラやイエーガーなどのお酒をグイグイ飲んでいました」「錦戸さんも相当酔っ払い、関西弁でホストが一気飲みをするときの“コール”のマネをするなど、かなりハシャいでいました」とコメント。そして酔った錦戸は、中指を立てて瑛太をからかい始めたという。しかしこの行動に瑛太の表情が一変。錦戸に馬乗りになって、数発に渡り殴りつけたと証言している。

「今回の報道に、ネット上では『これって普通に傷害事件では?』『本当だとしたら警察沙汰だろ……』と驚きの声が相次いでいます。また4月15日の渋谷すばる脱退に関する会見を思い出す人も。この時の錦戸の顔には傷らしきものは見当たらないため、『5日で傷が消えるのは不自然では?』『本当に殴られたの?』などとささやかれています。一方で『顔を殴られたわけではないのかな?』との声も。ちなみに同会見の映像を見た人の中には、錦戸の顔に出来た濃い“クマ”を指摘する人もいました。今回の騒動とは関係ないかもしれませんが……」(芸能ライター)

 瑛太は「アサヒ グランマイルド」のCMや、住友生命の「Vitality この夏上陸」篇などに出演中。また5月25日から主演映画『友罪』が公開される。そんな時に“傷害事件”となれば一大事だが、「瑛太は以前もやらかしてるからな……」といった指摘も少なくない。

「瑛太は2009年、『週刊新潮』(新潮社)にカラオケボックスでの暴行疑惑を報じられていました。同誌によると木村カエラを伴って来店した瑛太は、泥酔した挙句店員に暴行。警察に通報される事態にまでなったそうです。しかしそんな彼も今となっては35歳。錦戸も33歳といい大人なので、『暴行が本当だとしたらやんちゃすぎるでしょ……』『何歳までこんなことやってるの?』と呆れる人も多いようです」(同)

 人気俳優とアイドルのスキャンダルとあって、世間の注目度も高い様子。真偽のほどはいずれ解明されるだろうが、今後も酒はほどほどに嗜んでいただきたい。

最終更新:2018/04/20 19:30
こんな記事も読まれています

「瑛太はやりそう」「前もやらかしてる」 瑛太と錦戸亮の“馬乗りボコボコ”報道に飛び交う憶測のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真