日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジ月9、上戸彩も「赤っ恥」か?

低迷続くフジ月9、“救世主”長澤まさみでも視聴率取れず……続く上戸彩も「赤っ恥」をかいてしまうのか?

上戸彩

 フジテレビの看板ドラマ枠だった“月9”の低迷が長らく続く中、同局から“救世主”として期待されていたのが、今期の『コンフィデンスマンJP』で主演を務めている長澤まさみだ。ところが、同局の期待もむなしく、同ドラマの視聴率は初回が9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話が7.7%と最悪の発進となった。

 前期の芳根京子主演『海月姫』は6.1%で、同枠史上ワースト視聴率(全話平均)を更新してしまったが、その『海月姫』のスタートは初回8.6%、第2話6.9%で、『コンフィデンスマンJP』と大差ない。

「『コンフィデンスマンJP』が初回で2ケタに届かなかったのは仕方ないとして、それ以上に深刻なのは、第2話で急降下してしまった点です。連ドラでは、ある意味、初回より第2話の視聴率が重要です。初回は興味本位で見る視聴者も多いわけですが、そこで、『おもしろくない』と判断されると、『次回も見よう』との動機づけには、なかなかならないのです。第2話で1.7ポイントも落としたということは、早くも多くの視聴者が脱落したとみられます」(テレビ誌関係者)

 同ドラマは、コンフィデンスマン(信用詐欺師)であるダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人がタッグを組んで、欲望にまみれたカネの亡者たちから、あらゆる手段を使って、カネを巻き上げようとするエンターテインメントコメディー。毎回、主演の長澤が、コスプレや、お色気シーンを披露することも“売り”になっている。

 脚本は、同局で『リーガルハイ』シリーズ、『デート~恋とはどんなものかしら~』などをヒットに導いた古沢良太氏。他局では『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)も手掛け、映画では『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『探偵はBARにいる』シリーズなどのヒット作を担当。昨年10月公開の映画『ミックス。』も高評価を得ており、人気脚本家の起用で、万全の体制を敷いたはずだ。ゲストも、初回に江口洋介、第2話に吉瀬美智子と大物を起用しているだけに、『コンフィデンスマンJP』の予期せぬ低視聴率に、番組制作関係者の落胆ぶりは想像に難くない。

「正直、ここから巻き返して、2ケタ台を連発するのは、かなり難しいのでは? 救いなのは、“1話完結モノ”である点。これなら、途中から見るようになる視聴者も出てくる可能性がありますから、いちるの望みはあります」(前出・テレビ誌関係者)

 期待の『コンフィデンスマンJP』がズッコケる中、一部で、7月期の同枠ドラマの主演に上戸彩が内定したと報じられた。同局で上戸が主演した『絶対零度』シリーズ(2010、11年)の流れをくんだ作品になるという。

 同ドラマは、第1シリーズが14.4%、第2シリーズが13.1%(いずれも全話平均)と高視聴率を獲得しており、実績は十分。しかも、上戸が連ドラに出演するのは、第1子出産前の『アイムホーム』(テレビ朝日系)以来3年ぶりとあって、注目を集めるのは間違いない。

 だが、この一連の負の連鎖の中では、たとえ上戸であっても、視聴率が取れず、“赤っ恥”をかいてしまう恐れもありそうだ。どうせ上戸を起用するなら、ドラマも映画もヒットした『昼顔』シリーズの続編をやった方が、よほど数字が取れると思われるが、夜9時台に“不倫ドラマ”では、さすがに世のひんしゅくを買ってしまうか……?
(文=田中七男)

最終更新:2018/04/23 06:00
こんな記事も読まれています

低迷続くフジ月9、“救世主”長澤まさみでも視聴率取れず……続く上戸彩も「赤っ恥」をかいてしまうのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真