日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『正義のセ』究極の“ミスキャスト”

日テレ『正義のセ』、究極の“ミスキャスト”で視聴率急降下! 吉高由里子に検事役は無理!?

『正義のセ』公式インスタグラム(@seigi_no_se_ntv)より

 吉高由里子が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(水曜午後10時~)の第2話が18日に放送され、視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

 初回は11.0%で、まずまずのスタートを切ったが、第2話にして早くも1ケタ台に転落したことで、先行きに暗雲が立ち込めている。

 同ドラマは、横浜地検で働く2年目の新米検事・竹村凜々子(吉高)が、不器用ながら、なにごとにも一生懸命で、事件にもまっすぐに取り組み、検事として、女性として成長していく姿を描いた作品だ。

 吉高は、昨年1月期に同枠でオンエアされた『東京タラレバ娘』以来の連ドラ主演。同ドラマは、初回13.8%と好発進。全10話中、9話で2ケタを記録し、平均11.4%と高視聴率で終えた。今作は、それ以来の吉高主演ドラマとあって、注目度も高かったが、フタを開けてみると、『東京タラレバ娘』のときとは、どうにも様子が違うようだ。

「『東京タラレバ娘』の吉高は軽い感じの役で、“ハマリ役”の印象でした。従って、視聴者の食いつきもよかったんです。ところが、今回は検事役。いくら新米といっても、吉高には重厚さがあまりないので、とても検事には見えず、“ミスキャスト”と言ってもいいでしょう。おまけに、吉高を取り巻く、安田顕、寺脇康文、三浦翔平、ドランクドラゴン・塚地武雅らも、まるで重厚感がなく、このメンツで検事ドラマをつくるには少々無理がありそうです。“吉高ありき”のドラマだったのなら、彼女の個性がもっと生かせる作品にすべきだったのでは?」(テレビ誌関係者)

 ネット上での視聴者の反応を見ると、「知的な感じがしない吉高に、検事役は難しい」「こんなにIQが低そうで大根な、吉高がやる役じゃない」「知性もなく、滑舌も悪いし、なんで、吉高がこの役? ほかの女優なら、もっとおもしろかったと思う」「検事じゃなく、普通のOLにしか見えない」といった調子で、厳しい声が多数見受けられる。

 NHK連続テレビ小説『花子とアン』、『東京タラレバ娘』と、ここ最近主演した連ドラで高視聴率をマークしてきた吉高だが、今回ばかりは苦戦を強いられそうな雰囲気だ。とはいえ、まだドラマは始まったばかり。ここからの再浮上に期待したいところだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/04/23 12:00
こんな記事も読まれています

日テレ『正義のセ』、究極の“ミスキャスト”で視聴率急降下! 吉高由里子に検事役は無理!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真