日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界のセクハラをグラドルが告白

現役グラドルが芸能界の「セクハラ」「#MeToo」問題に言及! 「セクハラを利用して、のし上がるしかない……」

イメージ画像 Photo By evii T from Flickr

 収束の気配が見えない、財務省の福田淳一事務次官による、テレ朝女性記者へのセクハラ問題。野党は、有名女優たちがハリウッドの映画プロデューサーのセクハラを告発したことで米国にて盛り上がった「#MeToo運動」に便乗し、喪服を着てプラカードを掲げて財務省に突撃するパフォーマンスを展開するなど、安倍政権打倒の新たな材料の登場に大はしゃぎとなっている。

 日本の芸能界では、モデルの水原希子や、写真家のアラーキーこと荒木経椎のモデルをつとめていたダンサーのKaoRiなどが、「#MeToo」の声を上げ話題になったが、意外にも、それ以上の広がりはほとんど見られない。グラビアアイドルの世界などから、その声がもっと上がってもおかしくないが、そうはならないのはなぜか?

「カメラマンにも編集者にも、セクハラ親父はたくさんいますが、ただでさえ仕事がないのに、そんなややこしいことをして面倒なヤツとでも思われては、さらに仕事が減ってしまう。声を上げられないのが現実でしょう」(芸能プロ関係者)

 Gカップバストが自慢のある現役グラドル・A子ちゃん(26)は、「声が上げられないっていうのもあるけど、セクハラ親父は利用してなんぼ。特に、私たちみたいな底辺グラドルには、いてくれなきゃ、正直、困るんです」と、こう話す。

「身体を触ってきたり、顔を見れば『ヤラせろ』って言ってくるカメラマンや番組関係者は、いっぱいいますよ。でも、そう言われているうちは関心を持ってもらっているということだし、自分からそう仕向けているところも正直ありますよ。実際にヤラせるかどうかはともかく、私たちは、そうやってでも仕事が欲しいし、それでいいと思っている子も多いし、なんならそういう世界だから頑張れるっていうタイプも少なくないし、まして被害者だとも思っていない。私がまさにそうで、正直、Gカップとかって、いまはもう珍しくないし、顔もアイドルの中では普通。滝沢カレンちゃんみたいな天然でもないとなると、逆に、リアルにタレントとして評価されるのが、一番、困るんですよ。実際、そういう、ちゃんとしたディレクターさんとかには、まず相手にされませんから。相手にしてくれるセクハラ親父は、私たちの生命線です(笑)」

 そんなA子ちゃんは、今回の福田事務次官の問題をどう見ているのか?

「確かに、『オッパイ触らせて』とか『キスしたくなっちゃった』とか、キモいのは間違いないですよね(笑)。ただ、グラビアの現場なら、あれくらいなら全然あり。それよりも、『#MeToo』のプラカードを持って騒いでいる人たちに全女性の代弁者みたいな顔をされることの方が、なんかイラっとします」

 セクハラいろいろ人生いろいろ、のようだ。

最終更新:2018/04/27 13:00
こんな記事も読まれています

現役グラドルが芸能界の「セクハラ」「#MeToo」問題に言及! 「セクハラを利用して、のし上がるしかない……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...…
写真