日刊サイゾー トップ > 芸能  > お浜さん、実は今も大人気だった

“お浜さん”こと浜崎あゆみ、実は現在も大人気歌手だった!?

浜崎あゆみインスタグラムより

 テレビに出演したりInstagramに写真を投稿するたびに批判されてしまう“炎上芸能人”たち。大抵は自然に沈静化するか芸能界から消えてしまうかのどちらかだが、ある人物は全く同じ叩かれ方を長年キープしている。今年4月に20周年を迎えた“お浜さん”こと浜崎あゆみだ。

 記念すべき節目の年ということもあり、現在彼女の周りではお祝いムードが漂っている。パリ発のブランド「ディフェンド パリス」は、浜崎の20周年を記念してコラボ商品をリリース。そして彼女自身も、4月7日に20周年を記念したアリーナツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~」をスタートさせた。

 ツアーに参加したファンからは「すごい熱量で鳥肌がたった!」「幸せな時間をありがとう」「泣きすぎてまともに写真も撮れない!」「歌声が刺さる」といった絶賛の声が。しかし同ツアーを巡っても、彼女は一部から叩かれてしまう。

「3月31日に浜崎はInstagramとLINE LIVEの生配信でツアーの見どころなどを告知したのですが、『顔がパンパンすぎる!』『こんなに太ってたっけ?』といった指摘が多数。彼女がSNSに投稿している“画像”の姿とあまりにも違うため、『やっぱり修正してる…』と結論づける人が続出しました。また4月7日の『CDTV祝25周年SP』で浜崎のパフォーマンスが放送された際には、『やっぱり歌が下手になってる…』と指摘する声も。画像修正、容姿、歌唱力と、様々な角度から批判されています」(芸能ライター)

 しかし浜崎も批判されっぱなしではない模様。3月31日の生配信後には、ブログで「自分でも画面見てソッコー思ったけどさ、水風船みたいに膨らみまくり浮腫みまくりだったね」「確かに昨日のLINEライブの私はほんとに浮腫んでるわ頭の回転も遅いわで司会進行だなんて名乗れるもんじゃなかったね。それはただひとえに私が悪い」とコメント。一見謝罪の言葉だが、ネット上では「あくまで“浮腫んでる”ということにしたのか」「太ってることを認めろ」といった声が上がっている。

「どうあがいても叩かれてしまう浜崎ですが、逆に言えば安定した地位を築いているとも言えます。既に2012年あたりから、『生歌が下手』『画像の修正がひどい』『太ってる』などと今と同じような叩かれ方をしていました。例えば2012年の『FNS歌謡祭』にも、『生歌が聞くに堪えない』『浜崎あゆみかと思ったら普通のおばちゃんだった』『二重がなくなってる』との指摘が。6年近く同じように叩かれ続けられるのは、むしろ才能といってもよいのではないでしょうか?」(同)

 20年間歌い続けてきた“お浜さん”には、ファンのみならずアンチも飽きさせない“何か”があるのだろう。

最終更新:2018/05/07 06:00

“お浜さん”こと浜崎あゆみ、実は現在も大人気歌手だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真