日刊サイゾー トップ > 芸能  > aikoがアイドルになっていたかも!?

aiko、DJ時代に出会ったつんく♂とのエピソードを告白!「“あのグループ”メンバーに」と打診されていた!?

aiko公式Twitterより

 シンガー・ソングライターのaikoが、3月30日放送の『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)にて、音楽プロデューサーのつんく♂より女性歌手グループ『太陽とシスコムーン』加入を打診されかけたことを明かし、話題を呼んでいる。

 この日、ゲストだったaikoは、松任谷から「大阪のラジオに出だした時に、つんく♂にスカウトされかかったっていう話……」と話を振られ、「あ〜、ありました」と懐かしそうに反応。松任谷が「ひょっとしたらモーニング娘。に!?」と面白そうに言うと、太陽とシスコムーンのほうだったとカミングアウト。芸能経験者がコンセプトのグループだったため、まだインディース歌手だったもののラジオのDJを経験していたaikoに白羽の矢が立ったようだ。

 aikoは「つんく♂さんから電話がかかってきて。『お前って、デビューとか決まってんの?』って」と楽しそうにトーク。松任谷が「自分の好みのタイプでグループを作るじゃない? だから、aiko好みだったんだよね、きっと」と推理すると、aikoは「そうですかねえ」と、まんざらでもない返答。

 つんく♂はaikoのインディースCDも聞いていたとのことで、曲について「ここのアレンジは、こうした方がいい」「俺やったら、こうすんのにな」など、いろいろとアドバイスをしてくれたそう。aikoは「デビューする前に曲のことで、ああしたほうがいい、こうしたほうがいいって言ってくれたのは、つんく♂さんだけだったんです」とありがたそうに語っていた。

「aikoさんとつんく♂さんはラジオ番組『MBSヤングタウン』(MBS)のパーソナリティ仲間だったこともあり、今でも親交は深いんです」と語るのはラジオ局関係者。

「aikoさんは、歌番組でモーニング娘。と共演すると親しげに話したりお互いのCDを交換するなど、他のアイドルグループに接するよりも親しげな印象があります。また、つんく♂さんが力を入れてプロデュースしていたアイドル・松浦亜弥さんととても仲が良いことでも知られています。やはりお世話になったつんく♂さんのプロジェクトを応援するという気持ちがあるのでしょう」(音楽事務所関係者)

 そんなaikoはまた、モーニング娘。’18が所属するハロー・プロジェクトのアイドルから憧れられている存在だという。2017年6月に解散した人気アイドルグループ・℃-uteの中島早貴は熱狂的なaikoファンで知られている。

「中島早貴さんは昔からaikoさんのファンを公言しており、自身のラジオで℃-uteリーダーの矢島舞美さんと萩原舞さんと3人でaikoさんのライブに行ったと報告。ライブ後はaikoさんの楽屋に挨拶に行き親切にしてもらったとうれしそうに語っています」(同)

 そんな中島も驚いただろう今回のつんく♂によるaiko勧誘秘話。ネットでは『太陽とシスコムーン』の曲を歌うaikoの姿が見たかったという声も多く、今後は、aikoとつんく♂の音楽的コラボレーションを期待したいところだ。

最終更新:2018/05/05 16:00
こんな記事も読まれています

aiko、DJ時代に出会ったつんく♂とのエピソードを告白!「“あのグループ”メンバーに」と打診されていた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真