日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女性関係者を“虜にする”若手俳優!

池松壮亮に町田啓太……女性マスコミ関係者たちを“虜にする”若手俳優たち!

池松壮亮公式ホームページより

 テレビではいつも笑顔を絶やさない芸能人だが、裏では「まったく逆」という評判がよく聞かれる。暴言や横柄な態度など、芸能人の悪いところばかりが取り上げられるが、中には本当に良い評判しかない芸能人もいる。今回は業界スタッフから好評価を受ける芸能人を紹介したい。

 まずは、子役として活動し、現在はテレビ東京系で放送されているドラマ『宮本から君へ』にて主演を務め、実力派人気俳優のひとりとなった池松壮亮。映画では影がある役が多いが、実際の彼は真逆のようだ。

「出演映画の宣伝での撮影でのこと。池松さんは自分の車で現場まで来たんですが、結構な大型車を自分で運転してきて、颯爽と運転席から降りてくる彼が、とてもかっこよく、スタッフ一同メロメロでした(笑)。それに、撮影中も連日仕事にもかかわらず、疲れている表情をひとつも見せないで、トークで和やかな雰囲気を作ってくれて。暗い役が多い彼ですが、普段は明るくとても好青年でしたね」(雑誌カメラマン)

 また、女性スタッフを中心に評判なのが、劇団EXILEの町田啓太だ。「第3回劇団EXILEオーディション」にて、約2,000人の中から合格した彼は、NHK朝ドラ『花子とアン』にて主人公の夫の弟役を好演。さらに現在はNHK大河ドラマ『西郷どん』に薩摩藩家臣・小松帯刀役で出演している。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの彼も評判が非常に良い。

「町田さんはインタビューの際、ひとつひとつの質問に真剣に答えてくれるのですごく好印象でした。また、インタビュアーが取材内容と関係のない質問をしても、楽しそうに答えてくれ、『イイですね〜!』『それ、面白いですね!』などと言ってくれるんです。その時のインタビュアーは女性だったんですが、撮影終了時にうれしそうな顔を見せて、『人気が出るのもわかるわ〜!』と言っていましたよ(笑)」(雑誌編集者)

 映画公開前のインタビューなどは、同じことを聞かれることが多く、中には面倒くさくなり態度が横柄になる芸能人もいる。そんな中での彼の対応は、スタッフとしては大変助かるのだろう。

 また、「若いのにきちんとしている」とスタッフから評判なのが、男性アイドルグループ・DISH//。表では仲良く見せていても本当は仲が悪いグループもいる中、彼らの仲は本当に良いという。

「今まで、たくさんのグループを見てきましたが、DISH//は本当に全員仲が良くて、びっくりしましたね。鏡の前でじゃれ合っていたり、女性誌を見ながら『どのファッションがかわいいか』と全員で討論などしていて、高校生っぽくてかわいいなと思いました(笑)。また、礼儀もきちんとしていて、帰り際はスタッフに『ありがとうございました』と言いながら握手していましたね。最近、メンバーがひとり脱退してしまいましたが、苦難に負けず今後も頑張ってほしいですね」(雑誌ライター)

 彼らの人柄がわかるエピソード。スタッフからの評価も人気が出る要因のひとつなのかもしれない。

最終更新:2018/05/06 16:00
こんな記事も読まれています

池松壮亮に町田啓太……女性マスコミ関係者たちを“虜にする”若手俳優たち!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...…
写真