日刊サイゾー トップ > 芸能  > TOKIO山口、V6森田と格の違いを露呈

TOKIO・山口達也“強制わいせつ”謝罪会見で「評判ガタ落ち」V6・森田剛との格の違いが……

TOKIO・山口達也

 TOKIOの山口達也の強制わいせつ事件で、彼の評判はガタ落ちとなった。特に多くのファンを落胆させたのが謝罪会見での態度であろう。先に弁護士が事件の経緯をすべて説明し、示談済みである件を強調。さらに被害者の未成年女性の母親のコメントも引用する徹底ぶりだった。

 続けて話し始めた山口は、他メンバーの名前を挙げながら、TOKIOの名前に傷を付けて申し訳ないと謝るばかり。できることなら戻りたいといった復帰話もフライング気味に出し、被害者女性への配慮はみじんも感じられなかった。そこにあるのは山口の幼さではないだろうか。

「山口達也はTOKIOメンバーの中でも元ヤン系のやんちゃキャラとして知られていました。酒の席においても男性スタッフや、ジャニーズ事務所の後輩には『体育会系の良き兄貴分』としてふるまうところもあったようです。しかし、今回の会見は弁護士がほとんど父親代わりであり、グスグスと泣きながら許しを請うさまは、なんとも後味の悪い印象を残しました」(芸能ライター)

 そんな山口と対比されるのが、V6の森田剛だろう。

「森田剛はもともとV6の中では山口同様にやんちゃな存在でしたが、年齢を重ねるにつれて渋みが出てきたといえます。一時期、AV女優の美雪ありすと真剣交際しており、周囲から反対されるも結婚を目指していたといわれています。さらに腕にタトゥーを入れるといった、リアルなやさぐれ具合が芸能活動にも活かされ、映画『ヒメアノ~ル』(16年)では、冷酷な殺人鬼を演じるなど性格俳優として高い評価を得ています。さらには宮沢りえとの結婚も話題となりました」(同)

 年相応の渋みを獲得した森田に対し、山口は成熟できないまま年齢を重ねた「46歳のガキ」であろう。そこには40代の中年男性に「やんちゃな山口くん」キャラを投影し続け甘やかしてきた世間が存在するのも確かなのだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/05/06 08:00
こんな記事も読まれています

TOKIO・山口達也“強制わいせつ”謝罪会見で「評判ガタ落ち」V6・森田剛との格の違いが……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真