日刊サイゾー トップ > 芸能  > TOKIO解散を推す芸能人

TOKIO解散の時が迫る!? 被害者への配慮、イメージダウンによって解散が現実味を帯びる

 未成年に対する強制わいせつ容疑で書類送検された問題で、5月6日夜にジャニーズ事務所はTOKIO・山口達也との契約解除を発表した。しかし芸能界では、今回の問題が山口1人が責任をとって済むことではないと考えている人も多いようだ。

 5月6日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、モーリー・ロバートソンが被害を受けた女性に対して、TOKIOのファンから圧力がかかることを危惧。「あなたが和解したといってくれれば、彼らはまた活動できるのよ」といったように責められる可能性があると語る。

 また、「(しばらくして)“TOKIOの活動再開間近か!?”というメディアの報道が加熱すると、女性はまた思い出してPTSD(心的外傷後ストレス障害)のような状態になると思います。これを完全に1回癒やすには、そしてTOKIO全体の彼女への誠意を見せるならば、潔くスパっと解散してしまうほうがいい」と厳しい口調で論じた。

「その後モーリーは、被害女性が成人して心の傷が癒えた後ならばTOKIOが5人として再び活動を再開するのもありだと語っています。しかしネット上では『ファンには悪いけど、やっぱ解散かな。芸能人はイメージが大事だから、これを引っ張っても良いことは少ないと思う』『TOKIOが好きだからこそ、まだ傷が浅いうちに解散して欲しい』『確かに潔く解散した方がいい』など解散肯定派が多数。一方で『山口1人のためになぜ解散しないといけないの?』『解散したらTOKIOファンから被害女性へのバッシングが凄いことになるよ』といった反論の声も上がっている」(芸能ライター)

 TOKIO解散については、5月6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも西川史子が推奨していた。

「西川はグループとしてのイメージダウンという観点から、一度解散したほうがいいと語っていました。しかし5月7日放送の『ビビット』(TBS系)では、山口が国分太一へ“TOKIOを守ってくれ”という言葉を送っていたことが判明。辞表を受理された後もTOKIOを想う山口に、他の4人のメンバーがどのように応えるのか注目が集まっています」(同)

 果たしてこの先TOKIOは、どのような決断を下すのだろうか。

最終更新:2018/05/07 19:00

TOKIO解散の時が迫る!? 被害者への配慮、イメージダウンによって解散が現実味を帯びるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真