日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能事務所の発表、なぜ「FAX」?

元TOKIO・山口達也の“契約解除”だけじゃない……芸能事務所の発表は、なぜいまだに「FAX」なのか

 未成年女性に対する強制わいせつ事件を受けて、元TOKIO・山口達也の契約解除がジャニーズ事務所から発表された。山口本人が辞表を提出し、事務所が了承した形だ。5月6日夜にマスコミ各社にFAXで通知され、事務所のコメントとともに、残るTOKIOメンバー4人の言葉もつづられていた。

 この件に限らず、芸能人、芸能事務所からのコメントはFAXで発表されることが多い。インターネット全盛の現在にあっては、メールの方が便利で安上がりのようにも思えるが、なぜFAXなのだろうか?

「昔からそうしているので、旧来のものを使い続けているといってしまえばそれまでですが、FAXのメリットはあります。まず、メールは内容の偽造が簡単にできてしまいます。さらに前後の文脈を無視して内容が切り貼りで伝えられる可能性もありますね。一方で、紙にプリントアウトされたアナログなFAXなら、内容の改変がされにくいといえるでしょう。さらに、マスコミ各社にボタンひとつで一斉送信が可能であり、手書きの自筆署名も加えられるので、ワイドショーなどで画面に映しやすく、何かと便利なのです」(芸能関係者)

 つまりFAXには、信ぴょう性と見栄え上のメリットがあるといえるだろう。メールは一見すると便利なようでありながら、さまざまなデメリットがある。

「こちらからメールを送ったつもりでも、実は先方に届いていないといったことは日常生活でもよくありますよね。そもそもアドレスが間違っていた、迷惑メールフォルダに振り分けられていた、何らかの理由による遅延、相手のチェック漏れといった可能性もあります。その点、FAXならば、代表番号に送れば、まず見落とされることはないですから」(同)

 芸能界は古くさい慣例が残るガラパゴスな場所として知られるが、情報のやりとりにおいても同様なのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/05/10 06:00
こんな記事も読まれています

元TOKIO・山口達也の“契約解除”だけじゃない……芸能事務所の発表は、なぜいまだに「FAX」なのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“変態紳士”高嶋政宏、降臨!

   最近、ドラマや映画などで名演技を見せる高嶋兄弟の評価がうなぎ上りだ。2人とも5...…
写真