日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『TOKIOカケル』長瀬が窮屈そう

『TOKIOカケル』山口達也出演シーン全カットで「長瀬がめっちゃ窮屈そう」と話題

 5月9日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)には、映画『万引き家族』に出演する安藤サクラと松岡茉優がゲストで登場。TOKIOのメンバーと楽しそうにトークをしていたのだが、視聴者は番組スタッフの“編集技術”に注目していたようだ。

「この日の放送回は、先週に引き続き元メンバー・山口達也の出演部分が全てカットされていました。しかし明らかに不自然な場面が多く、視聴者の間では『無理がありすぎて逆に面白い!』と話題に。ちなみにこれまでの放送回と照らし合わせると、この日の席順は向かって左から『松岡昌宏・城島茂・ゲストの2人・長瀬智也・山口達也・国分太一』の順で座っていたように思われます。この中で長瀬と山口、国分の3人はだいぶ肩を寄せ合って座っていたので、山口を映さないようにするのは至難の業だったことでしょう」(芸能ライター)

 例えば一番端に座る国分は、どのシーンでも単独で映されていた。これに視聴者からは「仕方ないけど国分だけ別の空間にいるみたいで笑う」「唐突な国分の顔アップはズルい(笑)」との声が。そして長瀬は画面の端に映されることが多く、「多分右隣にいると思われる山口のせいで長瀬がめっちゃ窮屈そう」「長瀬の右に謎の壁がある」とも指摘されている。

「映像の山口対策は概ね完璧だったようですが、一部視聴者からは『山口メンバーの声が聴こえる……』との声も。例えば長瀬が『ふ菓子と豆乳』の食べ合わせを紹介していた場面では、『なんでその組み合わせにしたの?』という音声が入っていました。この時、画面に映されていた城島と松岡は口を開いていなかったので、消去法で考えれば山口か国分の言葉。しかし視聴者の間では『これ絶対山口の発言でしょ!』と話題になっています」(同)

 その他にもネット上では「なんか不自然に解像度が荒くなる時がある」「会話のつながりが不自然じゃない?」といった声も。“粗探し”をするために番組を見ていた人が多いようだが、中にはスタッフの努力に理解を示す人もいるようだ。

「この日の放送は、例の事件が発覚した4月25日に収録されたものだと言われています。そのため視聴者からは、『ゴールデンウィーク返上で編集したんだろうなぁ……』『いろいろと不自然なところはあるけど、短い期間でよく頑張ったと思う』と同情の声も寄せられていました」(同)

 5月9日には同番組の新規収録も行われており、これが4人体制での初仕事に。今後、彼らはどのような姿をテレビで見せてくれるのだろうか。

最終更新:2018/05/10 15:40
こんな記事も読まれています

『TOKIOカケル』山口達也出演シーン全カットで「長瀬がめっちゃ窮屈そう」と話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...…
写真