日刊サイゾー トップ > 社会  > 東大卒オジサン、なぜセクハラする?

セクハラじゃなくて、本人は「純愛」……東大卒オジサンたちは、なぜ人生を踏み外す

東京大学

 功成り名を遂げたオジサンが、セクハラでそれまでの人生を台無しにする。そんな事件が、相次いで話題となっている。

 財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑、米山隆一新潟県知事が出会い系サイトで知り合った女子大生を相手に売春を楽しんでいた事件などがそれだ。両者とも、辞任に追い込まれ、積み重ねてきたキャリアを、一瞬にして失ってしまった。

 一連の報道の中で直接的には言及されないものの、国民の多くが思っているであろうことがある。

「地位も権力も手に入れても、モテないやつはモテないのか……」

 福田氏は、湘南育ちのサーファーで、東京大学在学中に司法試験に合格を果たした後、大蔵省に入省。米山氏は、灘高校から東大。医学部を卒業後、さらに司法試験にも合格。

 どちらも、経歴は異世界チート系。だが、異世界転生もののラノベと違って、ハーレムは訪れなかったということか。

 報道された福田氏のセクハラ発言を百歩譲って、はぐらかしのための行為としても品性のかけらも感じられない。米山氏に至っては、使っていたのが援助交際のマッチングで有名な出会い系サイトということまで暴露されている。

「勉強ばっかしてきて、エラくなった純粋オジサンは、マジでヤバいですよ……」

 そう話すのは、東大卒の20代女性。彼女によれば、人生のほとんどを「勉強」に割いてきた人は、どこかしら世間からズレた感覚を持っているという。

「東大を卒業してから、そのまま有名企業に入るなり官僚になるなり、迷いのない人生を送ってきたオジサンは危険ですね。社会の多様性に触れることもないですし。とりわけ、恋愛スキルに欠けてるからセクハラ的な言動も、悪気なくしちゃうんです」

 しかも、恐ろしいのはセクハラ的な言動が、オジサンにとっては「純愛」の表明だったりもするということ。

「性的な言葉を吐くとか、セックスの後にお金を渡すとかが、自分の誠意であり純愛のアピールだと勘違いしている東大卒エリートオジサンは、死ぬほど多いですね……」(同・20代女性)

 やっぱり、若いうちにちゃんと遊び方も覚えておかないといけないという先人の教えは、正しかったのか。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/05/12 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

セクハラじゃなくて、本人は「純愛」……東大卒オジサンたちは、なぜ人生を踏み外すのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...…
写真