日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 横綱・稀勢の里、引退準備か

横綱・稀勢の里、夏場所休場で「復帰は難しそう」 「年寄名跡」空き株で引退準備か

日本相撲協会公式インスタグラム(@sumokyokai)より

 いよいよ土俵際まで追い込まれた。引退まで待ったなしだ。東京・両国国技館で13日に初日を迎える大相撲の夏場所を横綱・稀勢の里(31)が休場することとなった。「左大胸筋痛、約1カ月激しい運動を制限する」という診断書を日本相撲協会に提出。稀勢の里は昨年夏場所からついに7場所連続での休場となった。横綱の連続休場は、過去にさかのぼっても貴乃花(現親方)の2001年名古屋場所から02年名古屋場所で休んだ史上ワースト1位に並ぶ不名誉な記録となった。

 相撲関係者は「待望の日本人横綱ということもあり周囲からは『まだまだ大丈夫だ』『もう1場所くらい休んでもいい』なんて甘い声も出ていますが、さすがにここまで来ると横綱という肩書にもキズがついてしまいます。状況からして、完治して以前のような力を発揮することは、もう難しそうです。稀勢の里関自身はすでに、次に出場する場所で進退を懸けると明言しており、次回土俵に立つといわれる7月の名古屋場所ではいよいよ相撲人生の終えんを迎える可能性もありますよ」と声をひそめる。

 崖っぷちの稀勢の里だが、近いうちにくる引退のその時に備えて着々と準備も進めているという。

「稀勢の里はすでにコツコツと貯めたお金で年寄名跡『荒磯』を取得しています。4月には、その年寄名跡を借りていた現熊ケ谷親方(元前頭・玉飛鳥)が名跡の変更を行い空き株となりました。つまり、稀勢の里はいつ引退してもスムーズに襲名できる状況が整ったのです。これが引退の準備なんじゃないのかと、相撲界ではささやかれています」(前出・相撲関係者)

 先を見据えた地ならしに抜かりがない横綱だが、引退となれば、絶大な人気を誇る稀勢の里だけに相撲界にとっても痛手でしかない。なんとか、けがを治して万全の状態で土俵にあがり、横綱相撲を見せてもらいたいものだ。

最終更新:2018/05/11 21:30
こんな記事も読まれています

横綱・稀勢の里、夏場所休場で「復帰は難しそう」 「年寄名跡」空き株で引退準備かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真