日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元フジ・田中大貴アナに周囲は警戒中!

男性アナの“黒船”元フジテレビ・田中大貴アナに周囲は警戒中!

フジテレビ公式ホームページより

 4月末でフジテレビを退社、5月からフリーランスで活動を始めた田中大貴アナウンサー。慶応大野球部出身に在京キー局の看板スポーツアナウンサーとして活躍した実績を引っ提げての転身だが、周囲は早くも警戒を強めている。

 今月より大手芸能事務所・オスカープロモーションに所属した田中アナ。

「活動の場はDAZNなどのネット放送やCS、BSが中心になります。その分、彼自身が好きだったスポーツ番組に没頭もできますし、地上波の放送局では、なかなか取り上げられなかったアマチュアスポーツの取材にも精を出すと思います」(芸能関係者)

 だが、一般的に“フリー転身”で騒がれるのは女子アナが多数。男性では羽鳥慎一や宮根誠司など情報番組のMCとして活躍するパターンはあるが「スポーツと限定されると、キー局からフリーになるのは定年を迎えたアナウンサーが一般的。彼のように現役バリバリで会社を飛び出すのは、あまり聞いたことがない」(同)という。

 ただ、彼が飛び出したのにはそれなりに“理由”がある。

「人当たりはいいけど、その裏では大手スポンサーの食事会に女子アナやタレントを“派遣”。その利ざやをちゃっかりもらっていたと週刊誌で報じられ、信用はガタ落ち。また、スポーツ番組が以前ほど重要度が高くなくなったことや、2020年の東京五輪シフトで若手に代替わりを求められた流れもある。これら複合的な要因で決断したようです」(フジテレビ関係者)

 だが、心配なのは弱肉強食のフリーアナウンサー業界で早くも警戒されていることだ。

「フリーランスのスポーツアナウンサーは、例えばCS放送のプロ野球中継なら1試合約2万円という安いギャラをコツコツ積み上げてようやく生活できるといった状況です。これが、球団が制作する中継となれば、もっとギャラは下がります。これまで高給取りだった田中アナがそこで我慢して仕事ができるのか。また、抜群の知名度があるため、多くが無名で地方局出身のフリースポーツアナウンサーからは『厄介なのが入ってきた』と警戒されている。横のつながりで仕事が回って来ることも多い業界だけに、そうした恩恵を受けるのは厳しいでしょうね」(テレビ制作会社スタッフ)

 スポーツアナウンサー業界においては“黒船”といってもいい田中アナ。この環境をどう打破するか注目だ。

 

最終更新:2018/05/14 16:00
こんな記事も読まれています

男性アナの“黒船”元フジテレビ・田中大貴アナに周囲は警戒中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真