日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『戦闘中』が改悪されてファン涙

『戦闘中』の大改悪に批判の声が続出! 数少ない優良番組を自分で壊すフジテレビに呆れ声

『戦闘中』オフィシャルサイトより

 5月13日に『ニチファミ! 「戦闘中~超人サバイバル大決戦~」』(フジテレビ系)が放送された。ネット上では“番組を改悪しまくっている”と批判の声が相次いでいる。

 あるエリアで限られた時間の中、「出演者=プレーヤー」がバトルボールを投げて相手を撃破する、ドッジボールを進化させたようなゲームが「戦闘中」。今回の放送は前回の放送より約2年ぶりで、4チーム合わせて総勢24人のプレーヤーが参加した。

 そして激戦の結果、あばれる君やパンサーの尾形貴弘らが属する“熱血芸人チーム”が優勝。しかし賞金が倍になるステージに挑戦して敗北し、誰も賞金を手にすることなく終わってしまった。

「久々の放送とあってファンから期待の声が上がっていましたが、変わり果てた『戦闘中』に対して落胆する声が続出。まず最も多く批判が集まっていたのが、“実況”の存在。スポーツ中継のように実況するアナウンサーの音声が入っていたのですが、ネット上では『戦闘中に実況とかいらねぇだろ』『実況があるといつもの緊張感がなくてこれじゃない感が強い』といった声が上がっています。実は前回放送でも『戦闘中』は実況を追加していたのですが、この時も『ホントにいらない!』と批判の声が続出することに。『副音声で実況アリとナシを選べるようにしてほしい』といった意見もでるほど、この変更は改悪だといわれています」(芸能ライター)

 また、今回から相手に投げつける“バトルボール”が、穴の開いていた特殊な形状から、ただの赤色のゴムボールのようなシンプルな形状に変化。こちらも「なんかボールのクオリティ落ちてね?」「バトルボールがめちゃめちゃダサくなってて泣ける」と落胆の声が上がっていた。

「さらに、今回初めて取り入れた“チーム戦”も大不評。『戦闘中』といえば、個人同士が同盟を組んだり裏切ったりする駆け引きが魅力の1つでしたが、チーム戦によってその要素が皆無に。さらにゲーム中で圧倒的な強さを誇っていた“忍”も、チーム戦だと簡単に撃破できる存在に成り下がりました。この点にも『チーム戦だとバランス崩れすぎて面白くない』『絶対個人の方が面白かった』と不満の声が上がっています」(同)

 せっかくの優良コンテンツを自ら壊してしまったフジテレビ。まだまだ局の迷走は続くかもしれない。

最終更新:2018/05/14 19:00

『戦闘中』の大改悪に批判の声が続出! 数少ない優良番組を自分で壊すフジテレビに呆れ声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真