日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 村人総出で廃棄肉を盗掘

村人総出で盗掘→串焼き店に転売! 中国「廃棄肉ビジネス」が恐ろしすぎる

“盗掘現場”に集まってきた村人たち(ホウハイ新聞の映像より。以下同)

   中国では数年前まで、下水油やダンボール肉まん、ニセ粉ミルクなどなど、想像しただけで身の毛もよだつような食品に関する事件が頻繁に起こっていた。だが、最近ではそういったニュースはあまり見かけなくなり、食の安全に関して改善が進んでいた……ものと思われていたが、やっぱり中国は中国だった。雲南省の田舎町で起こった、恐ろしい事件を紹介しよう。  

 中国ではしばしば、密輸冷凍肉の販売網が摘発されるという事件が起こっている。あれだけの人口を抱えている以上、国産肉だけでは賄いきれないのだろう。冷凍肉は押収されると、当局によって地中に埋められ、廃棄される決まりになっている。

 雲南省の山間部にある紅河州金平県の山中に4月29日、トラック10台分の密輸冷凍肉が当局によって運ばれてきた。あたりには腐臭が漂い、深さ4〜5メートルの穴をいくつも掘り、そこに廃棄処分される肉を埋めたのだという。

 現場付近には「密輸肉撲滅、盗掘撲滅」というスローガンが掲げられ、しばらくは警備員や警察の車などが張り付いて、盗掘されないよう見張っていた。

掘り出された肉はビニール袋に入れられていく

 ところが、それから数日後に警察や警備員が立ち去ると、現場には帽子やマスクをかぶった村人たちがワラワラと何百人も集まってきた。そして、肉が埋まっている穴を掘り、手慣れた手つきでそこから肉を取り出していくではないか!

 掘る係、肉を探す係、運ぶ係など、役割分担がしっかりできているようで、作業は淡々と進んでいく。食事時には、人数分の弁当を積んだ車まで現れる用意周到ぶり。作業は31時間ぶっ続けで行われ、埋められていた肉のほとんどが持ち去られたという。

 村人たちが慣れていたのには訳がある。この場所では、ここ2年ほどの間に、何度も同じことが繰り返されてきたからだ。集まる人数は通常で100人ほど、多い時には400~500人にもなるという。


12
関連キーワード

村人総出で盗掘→串焼き店に転売! 中国「廃棄肉ビジネス」が恐ろしすぎるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真