日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女子アナにも“ギャラ飲み”急増中!

食えないグラドルに続き、女子アナも“ギャラ飲み”急増中!「仕事にありつけず、食うに困り……」

※イメージ画像

 近年、AKBグループや坂道グループに雑誌の水着露出などを奪われた上、不況の折から、なかなか仕事が得られないグラビアアイドル。少しでも収入源を補填すべく人気なのが、事前にタクシー代を確約した上で参加する“ギャラ飲み”だ。だがここにきて、この流れがある仕事の女性にも波及しているという。

「ギャラ飲みは確かに大きな収入源ですよ」

 20代の現役グラドル・Xは、ため息をつく。

「所属事務所との契約にもよりますが、歩合制なら実質的には仕事を自分で引っ張ってこないと収入はなく、月給制なら数万円という子も結構、多い。税金も取られず、即金払いであるギャラ飲みは貴重ですよ」(同)

 以前は「売れている子はあまり来なかった」というが、グラドル界全般に不景気なため、現在は「世間である程度、名前が知られている子も来ます。無名のグラドルは主催者を色仕掛けで攻めるなど、何らかの工夫をしないと対抗できない」という。

 しかし、ここにきて協力なライバルが増え始めている。同じく不況のあおりを受けて仕事にありつけないフリー女子アナたちだ。

「近年は、最も仕事がもらえたテレビ局の景気が悪く、どんどん局アナにシフトしている。だけども、地方テレビ局は相変わらず女性は契約女子アナが多数を占めており、新卒から3年ないしは5年働けばお役ご免となり、そのまま上京してフリーに転身するパターンが多い」(某キャスター事務所スタッフ)

 近年はネット番組なども増えているが「一例として週3回、2時間の番組を担当したとして月に12回の出演。それで20万円程度」(同)というのだから、衣装やメイクも自前が当たり前のフリー女子アナにとっては厳しいこの上ない。

 そこで同じく“給料の補填”として目をつけたのがギャラ飲みだった。

「やはり清楚で社会人経験があるので、一般常識のある子が多いですね。グラドルみたいに過激なサービスの期待は薄いけど、今のご時世だと週刊誌にタレ込みされたり、美人局に加担する人もいない。安心、安全なお酌係として人気がある」(芸能関係者)

 地方局を退社したばかりのフリーのアラサー女子アナは「タクシー代は1万円あれば十分。後は、いい出会いがあればOKですね」とハードルは低そう。

 ちなみにオススメは「堅実な子を探すならイベントや式典をメーンで扱うキャスター事務所。タレントぽい、派手さがある子を求めるなら大手キャスター事務所がいい」と説明。

 世の男性の憧れである女子アナもまた、世間の波にもまれている。

最終更新:2018/05/19 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

食えないグラドルに続き、女子アナも“ギャラ飲み”急増中!「仕事にありつけず、食うに困り……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真