日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 元アスリート「本業で稼げない……」

元アスリートの嘆き「本業で稼げない……」テレビで“暴露”しか求められない苦悩も

北島康介

“一流アスリート”と呼ばれる人は、学生時代から寝る間も惜しんでその競技の成績アップや技術向上を目指して鍛錬を繰り返し、大会での優勝や五輪でのメダル獲得を目指す。だが、いざ引退すると、いくら有名アスリートでも“稼げない”というのだ。

「いや、マジで稼げないっすよ」

 頭をかきながらこう語るのは現役時代、人気選手としてプレーしていたXだ。現在はメディアを中心に活動、それなりに稼ぎはあり「年収は8ケタある」というが、どこか顔は浮かない。現役時代に没頭した競技に絡んだ仕事が「ない」というのだ。

 事情に詳しいテレビ局関係者は「競技人口が多い野球、サッカーであればプロの試合が定期的にあるので、まずはそこでの解説者やコメンテーターを目指します。だけど、近年は中継回数が減っており、サッカーにいたってはほとんどネット放送のDAZNに移行。ギャラは下がる一方です」と明かす。

 一例をあげると「野球解説なら1試合10万から15万円前後。CS放送なら3割ほど引かれたギャラが提示されている」(同)という。

 そんな中、元アスリートたちがこぞって出演するのがバラエティ番組や情報番組だ。

「今はアスリートでもチームの裏話、現役時代には言えなかった暴露系のエピソードで番組が成立する。芸能人と違って、誰もが知っている選手がそれを言えば当然、影響力も大きいしウケはいい」(同)

 ただ、やり過ぎると「競技団体からクレームが入ったり、指導者として戻れないことも多々ある。だけど、そこをこなさないとメシを食べられないのもまた、事実。一部では実入りのいい番組ばかりをチョイスしてしまう人もいますけどね」(同)。

 先日も水泳で五輪金メダリストだった北島康介氏がバラエティ番組で社長業、マネジメント、水泳指導など、何足ものわらじを履きながら生活している姿が放送されたばかり。まさに“世知辛い”世の中である。

最終更新:2018/05/18 16:11
こんな記事も読まれています

元アスリートの嘆き「本業で稼げない……」テレビで“暴露”しか求められない苦悩ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真