日刊サイゾー トップ > 社会  > グラドルの「枕営業話」にファン涙!?

新暴露系グラドル・橘まりやの「枕営業話」「経験人数3ケタ」告白にファン号泣!?

橘まりやのインスタグラム(mariya_tachibana_official)より

「カラダを張ってのし上がる」――今や芸能界には、そんなうまい話はないようだ。

 5月14日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にマツコ・デラックスが出演し、芸能界の“枕営業”について言及。「どっちかっていうと夢のある話よね。それで設けられる席があるほど、もう経済的にもこの業界が余裕ないから」「どんな手を使ってでも仕事を取るっていう意味では、それでいいと思う」「ハイリスクだけど、リターンはすごく少なくなってきてる」と持論を展開し、話題を呼んでいる。

 一方、最近ではそうした枕営業の実態をメディアで堂々と話す“暴露系タレント”なるジャンルもできつつあるが、同じく14日に放送されたネット番組『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)では、グラビアアイドルの橘まりやから出版界の裏話が飛び出した。

「橘はテレビ東京の動画サイトで配信されている『モヤモヤさまぁ~ず2』のスピンオフ番組“ムチムチさまぁ~ず3”のメンバーとして出演しているほか、写真誌『FLASH』(光文社)でも写真集発売を懸けたサバイバルオーディションに参加しているFカップグラドル。彼女は『枕営業は存在する』と断言したうえで、某有名雑誌の編集長から『表紙を飾らせてあげるよ。自分とヤレば』と誘われたことがあることを明かしました。さらに、そのことを友人グラドルに相談したところ、必死に止められたそうですが、後日、雑誌を見ると、その友人が表紙を飾っていたのだとか」(テレビ誌ライター)

 えてして、暴露する側は「私はしたことがないのですが……」というのがお決まりだが、橘は番組で「付き合った人数は20近く」「経験人数は3ケタはいっている」とも白状しており、ファンは複雑な思いだったことだろう。

「枕営業に関しては、“やるのはアリだが、暴露はタブー”という空気が芸能界にはある。そのような告白をする人はネットで叩かれて終わり。結局売れないでしょうね」(芸能記者)

 3ケタの中には有名芸能人も多数いるそうだが、カラダを売るのも、それを暴露するのも「ハイリスク・ローリターン」かもしれない。

最終更新:2018/05/19 10:00

新暴露系グラドル・橘まりやの「枕営業話」「経験人数3ケタ」告白にファン号泣!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真