日刊サイゾー トップ > 社会  > グラドルの「枕営業話」にファン涙!?

新暴露系グラドル・橘まりやの「枕営業話」「経験人数3ケタ」告白にファン号泣!?

橘まりやのインスタグラム(mariya_tachibana_official)より

「カラダを張ってのし上がる」――今や芸能界には、そんなうまい話はないようだ。

 5月14日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にマツコ・デラックスが出演し、芸能界の“枕営業”について言及。「どっちかっていうと夢のある話よね。それで設けられる席があるほど、もう経済的にもこの業界が余裕ないから」「どんな手を使ってでも仕事を取るっていう意味では、それでいいと思う」「ハイリスクだけど、リターンはすごく少なくなってきてる」と持論を展開し、話題を呼んでいる。

 一方、最近ではそうした枕営業の実態をメディアで堂々と話す“暴露系タレント”なるジャンルもできつつあるが、同じく14日に放送されたネット番組『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)では、グラビアアイドルの橘まりやから出版界の裏話が飛び出した。

「橘はテレビ東京の動画サイトで配信されている『モヤモヤさまぁ~ず2』のスピンオフ番組“ムチムチさまぁ~ず3”のメンバーとして出演しているほか、写真誌『FLASH』(光文社)でも写真集発売を懸けたサバイバルオーディションに参加しているFカップグラドル。彼女は『枕営業は存在する』と断言したうえで、某有名雑誌の編集長から『表紙を飾らせてあげるよ。自分とヤレば』と誘われたことがあることを明かしました。さらに、そのことを友人グラドルに相談したところ、必死に止められたそうですが、後日、雑誌を見ると、その友人が表紙を飾っていたのだとか」(テレビ誌ライター)

 えてして、暴露する側は「私はしたことがないのですが……」というのがお決まりだが、橘は番組で「付き合った人数は20近く」「経験人数は3ケタはいっている」とも白状しており、ファンは複雑な思いだったことだろう。

「枕営業に関しては、“やるのはアリだが、暴露はタブー”という空気が芸能界にはある。そのような告白をする人はネットで叩かれて終わり。結局売れないでしょうね」(芸能記者)

 3ケタの中には有名芸能人も多数いるそうだが、カラダを売るのも、それを暴露するのも「ハイリスク・ローリターン」かもしれない。

最終更新:2018/05/19 10:00
こんな記事も読まれています

新暴露系グラドル・橘まりやの「枕営業話」「経験人数3ケタ」告白にファン号泣!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...…
写真