日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『モンクリ』山口紗弥加の悪魔ぶり

山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?

フジテレビ系『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』公式サイトより

 日本でも『巌窟王』として知られる170年前の原作を下地とし、現代の日本版に「脚色」したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。

 無実の罪で投獄された後、莫大な財産を手に舞い戻った紫門暖あらためモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)が気づかれることなく自分をハメた旧友らに、遠回りだが最も心理的に効果的な復讐を仕掛けていく。

 第5話の視聴率は5.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2話続けてダウン。5月に入り上がったものの、また初回並みに戻ってしまった。物語は盛り上がってきているのだが、複雑な人間関係やその展開に、途中から見始めたがついてこれない視聴者が脱落してしまったのか。確かに細かい伏線も多いのでわからないと面白さが半減してしまうかもしれないが、残念だ。おさらいします。

(前回までのレビューはこちらから)

■安藤役の葉山の不自然な芝居は本当に狙いなのか?(その2)

 前回、金や不貞のことで神楽清(新井浩文)に暴言を吐かれ、家を飛び出した妻・留美(稲森いずみ)は一夜明けて、何事もなかったように清に朝食を振る舞う。清は、有力者である議員・木島(嶋田久作)の紹介での結婚である手前、「別れられねえよな」と皮肉を言うが、留美が昨日と打って変わって落ち着いていられるのは、真海に紹介された若き実業家(のフリをしている)安藤完治(葉山奨之)という依存先を見つけたから。

 清の前で仮面のような固まった笑顔でたたずむ稲森いずみも、留美に皮肉を言った後「ま、俺も一緒か」と自嘲する新井浩文も、双方どうしようもない関係性がにじみ出ている芝居がとても良かった。

 しかし留美が「王子様」的に依存している当の安藤は、留美が事業のためにと貢いだ金で、朝からデリヘルを呼ぶようなゲスっぷり。「とにかくちょー若い子」と注文を出すあたり、やはり留美を金ヅルとしか見ていないのだろう。

 前回、芝居が「下手くそすぎる」と酷評された葉山だが、筆者はこれが善人ヅラを強調する「演技の演技」のためであると書いた。その演技の意図はおそらく間違っていないと思うのだが、かといって今回の悪人ヅラの芝居がうまかったかと言われると、正直なんとも言えない感じで、今後の葉山の演技に注目したい。

 

■すみれの想いと江田の嫉妬が炸裂

 南条すみれ(山本美月)は、真海(紫門暖)に会いたがっているが、真海はかつての最愛の人物・すみれに会おうとしない。それは、すみれを復讐相手と見ていないから巻き込まないようにしてるからなのか、それとも自分の母親が餓死したのを、母の元を離れ南条幸男(関ジャニ∞・大倉忠義)と結婚したすみれのせいだと思いつつも葛藤しているからなのかわからないが、その態度に、真海の手下であり、南条家にマネジャーとして入り込んでいる江田(桜井ユキ)は嫉妬を強める。

 その気持ちが暴走したのか、真海が入間夫妻を自宅に招いた際、江田は真海に黙ってすみれも招待する。

 真海がかつての夫・紫門暖と同じ猫舌であるかどうかを見極めようと、熱々の小籠包を食べるのを注視したり、星が好きなのか尋ねたり、かなり前のめりに真海=暖かどうか? に踏み込んでくるすみれ。

「これまで(結婚を)考えたことは?」

「一度だけ、結婚を考えた女性がいました。けれど、私が長い旅をしている間にその女性は別の男性と結婚してしまったそうです」

「真海さんはその女性を恨んでいますか?」

「こう思うことにしています。その女性はもう死んでしまったのだと」

 この答えに悲しい顔をするすみれだが、2人だけでベランダにいるとあらぬ誤解を招くと「貴女には迷惑をかけたくない」と言った何気ない真海の言葉に本音が見え隠れする。

 一同が帰ったあと、すみれが持参した娘・明日花が描いた星空の絵を燃やす真海の姿は、自分の気持ちが揺らがないように、復讐の炎を焚きつけているように見えた。

 そんな姿を見て、江田は「あの男たちに復讐したいのか、それともすみれを取り返したいのか」と詰め寄る。どこまで本気かわからない感じで真海に首を絞められつつも、江田は「かまいません、真海さんになら殺されても」「でも私に代わって必ず南条幸男を殺してください!」と胸中を吐露、情念の深さをさらけ出した。迫力あるいいシーン。

12

山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真