日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『モンクリ』山口紗弥加の悪魔ぶり

山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?

■登場してすぐ死んだ出口

 今回、真海のもとに復讐のための新たな「手駒」が登場。外務省の官僚・出口文矢(尾上寛之・原作でのフランツ・デビネーの相当)は、マレーシア政府まで動かし自分を帰国させた真海に心酔しているようで、それは婚約者である入間未蘭(岸井ゆきの)の祖父・入間貞吉(伊武雅刀)の殺害まで引き受けるほど。初めは冗談として聞いていた出口だが、それにより30億円の遺産が自分たちに入るということ、そして貞吉が過去に美蘭の母(父である入間公平=高橋克典の前妻)を毒殺した罪人であることなどを真海から吹き込まれ、実行に移す。

 入間宅に美蘭しかいない隙をつき(入間夫妻は真海宅に招かれている)、貞吉の部屋に侵入した出口だが、なんといきなり泡を吹いて死亡してしまう。

 出口の死の描写は原作のフランツというより使用人・バロワと同じで、ある程度エピソードをミックスしていると思われる。

 ちなみに原作では出口にあたるフランツは、明日花にあたるアルベール(青年男子)の親友で、ともに盗賊と対峙したりといろいろ冒険をするのだが、ドラマではこの2人はまったく切り離されており、やはり明日花が少女であることで原作通りでない部分が生まれている。

 

■悪魔・瑛理奈が正体を現す

 出口の死因が美蘭の母親と同じため「事件性がある」と子飼いの医師に言われるも、自分の立場からそれをもみ消す公平。

 警察官僚である公平の自宅で事件があっても事を荒立てないはずだという真海の推測通りの展開。

 ハイボール好きの出口だけが飲むように炭酸水に毒を仕込んでいたのは公平の妻・入間瑛理奈(山口紗弥加)だ。

 ずっとカマトトのような振る舞いを続け、本性を潜めていた瑛理奈だが、13年前にまだ美蘭の家庭教師として入間家に入り込んでいた時に、当時の公平の妻(美蘭の実母)を殺したのも彼女だったのだ。

「清濁合わせ飲んで生きてきた人間は必ず自分の中に悪魔を抱え込むことになる」「私はあの家(入間家)に住む悪魔を目覚めさせただけ」だという真海は、瑛理奈に出口名義で手紙を送っていた。

「13年前、前の奥様を毒殺したように入間貞吉を殺してください。遺産を戴ければ、他言は致しません。 出口文矢」

 これが逆に出口が殺される引き金となることを、真海はわかっていたのだろう。

「手紙には人の人生を壊すほどの力があると教えてくれた人がいてね、その人へのお返しだ」と真海は江田に語っていたが、これはかつて自分がテロ組織と繋がっているかのように手紙を捏造した公平のことを指している。

 出口が死んだ翌日、一人キッチンで陽気に「歓喜の歌」を口ずさむ瑛理奈の「悪魔」ぶりはかなりキテおり、山口紗弥加ここにありといった感じ。ずっと丁寧にキャラを積み重ねて来たのが生きている。

「第九」でエヴァンゲリオンを思い出した人もいるかもしれないが、どちらかというと映画『ダイハード』のそれのようだった。

 

■なぜ出口を殺す必要が?

 一見、出口を殺すことには意味がないように思われる。しかし、瑛理奈に罪を犯させることで、本当の目的である公平を追い込んでいる。さらに今後、瑛理奈の唯一の実子で、溺愛する瑛人(宇都宮太良)だけに遺産が渡るように、「公平の一番の宝物」=美蘭を殺すことまで真海は見越しているのだ。

 さらに真海の根回しは周到で、事前に公平にも出口が日本の援助金を横領していたと刷り込んでいる(おそらく嘘)。この真意はまだはっきりしていないが、今後生きてくるのだろう。

 この横領の事実を伝える際、真海はマレー語の報告書を見せ「私は、マレー語はちょっと(読めない)」と公平を困らせている。これは第1話で英語(ローマ字)の読めない暖(真海)が公平に手紙を改ざんされた時と立場が入れ替わっていること示している。

 ドロドロの展開の中にあって守尾信一朗(高杉真宙)と未蘭だけは純粋にお互いに惹かれあうが、現在の両親に恩義のある真面目な美蘭は親の決めた相手(出口)と結婚すると覚悟を決めていた。その矢先の出口殺害。今後二人の関係はどうなるのか? それ以前に美蘭は瑛理奈に殺されてしまうのか?

 次回はいよいよ南条に真海の復讐が炸裂する模様。乞うご期待。
(文=どらまっ子HARUちゃん)

最終更新:2018/05/18 20:30
12
こんな記事も読まれています

山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真