日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 【アメフト問題】内田監督は何者?

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】加害選手が「指示」明言──内田正人監督とは何者なのか?

 アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学との定期戦で、日大の選手が悪質な反則タックルで関西学院大学のQB(クオーターバック)選手を負傷させた問題で日大アメフト部の監督を務めていた内田正人氏が辞任を発表したが、22日、反則を犯した当事者選手が都内で記者会見を行った。

 会見で選手は、監督・コーチから「潰せ」という指示があったことを明言。また、試合後にも内田氏から「自分がやらせた」「相手のことを考える必要はない」といった話があったことを明かしながら、再三にわたり「指示があったとしても、やってしまったのは自分であり、反省している」と繰り返した。

 これまでの内田氏や日大の説明とは相反する内容となったが、選手は内田氏を「怖い」と感じ「意見ができるような関係ではなかった」としている。

 当の内田氏は、日大で常任理事を勤める“重鎮”。それゆえにアメフト部だけでなく日大全体の問題として捉えられる事態となっているが、そもそも内田氏という人物は、どうやって大学内でここまで出世できたのだろうか?

「内田氏は、2014年に日大の理事に初めて選出され、17年には常任理事へ昇格。あっという間に大学内で実質的にナンバー2のポジションに出世して、絶大なる権力を持ちました。各体育会の運動部への資金の振り分け、さらに大学内の人事権など利権は多岐にわたっています。そのポジションを手に入れることができた最大の理由が、内田氏の集金能力なんです。人脈が豊富で、大手企業の会社経営者にも顔が利く。だから寄付金を集めることができるんです。また厳しい練習に耐えた体育会系の、従順で体力のある学生を大手企業に売り込み、送り込むことでさらに関係を強固にしてきました。その就職実績も大学からは評価されていますよ」(教育関係者)

 来年日大は創立130周年を迎える。そのため、ここ数年は「創立130周年記念事業」として、スポーツ科学部などの新学部の新設、東京・駿河台の日本大学病院の開院、藤沢小学校の開校などカネのかかるプロジェクトを次々と行ってきたという。

 前出の教育関係者は「特にスポーツ科学部の新設については内田氏が大きく関係したといわれ、大きな役割を果たし貢献してきたといわれています。だから大学側としては、内田氏を表舞台から消したくないという事情から当初は、かばっていましたが……。今日の会見を見れば、もうかばいきれなくなるでしょうね」と話す。

 選手の会見を受け、各方面から日大に対するバッシングはさらに高まっている。内田氏が大学幹部の役職からも離れる日も近そうだ。

最終更新:2018/05/22 17:15
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed