日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松尾敏伸「女癖最悪」証言に反論の声

覚せい剤逮捕の俳優・松尾敏伸は「女癖が最悪」!? 遠野なぎこの証言に関係者が反論も……

松尾敏伸容疑者の公式ブログより

「仮面ライダーをやっていると、中途半端なイケメンでもチヤホヤされる」「女癖悪かったり、泣かしちゃったりとか、すごくいろいろあった」と、タレントの遠野なぎこにトーク番組でボロクソに言われた俳優の松尾敏伸。これは、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に逮捕されたことに対する共演経験者の反応だった。

 ただ、松尾容疑者と10年以上の付き合いがある舞台関係者によると「女癖が悪いという話は、一度も聞いたことがなかった」という。

「松尾と遠野さんは2005年のドラマ『アタックNo.1』(テレビ朝日系、主演・上戸彩)で共演していたと思うけど、今から13年前の話でしょ。当時の松尾は27歳。僕が知り合ったのはその3年後ぐらいで、彼には長年の交際相手がいて一緒に住んでいたし、仲も良さそうだった。女癖が悪い感じはなく、仕事が充実していて、調子に乗ったようなところもなかったよ。遠野さんはライダー俳優はチヤホヤされると言っていたけど、彼をライダー俳優と呼んでいる人はいなかった」(同)

 松尾容疑者は1996年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し、2005年の『ビー・バップ・ハイスクール2』ではメインキャストのトオル役を務め、石原さとみと共演。過去、仮面ライダーシリーズにも出演したが主役級ではなく、「松尾を知っている人なら、他にもっと印象に残る作品がある」と関係者。

「ただ、30代後半になってきて少し仕事が減ってきていたと思う。童顔でルックスが若いから、年相応の役作りに苦しんでいた。孤独に苦悩する男の役とかうまいのに、見た目が若いからギャップが出てしまっていたね」(同)

 仕事減少のせいか、この関係者が最後に会ったのは昨年末のことだという。それは「連絡がマメじゃなく、人付き合いが上手でないところもあった」と補足する関係者。しかし、その音沙汰がない間に、松尾容疑者はトンデモないことになっていた。

 警視庁・原宿署によると、都内で挙動不審な振る舞いをしていた松尾容疑者の尿検査をしたところ、薬物の陽性反応が出たという。本人は容疑を否認しているというが、最近は様子がおかしかったというウワサもある。

 昨年、出演予定だった舞台を公演直前に降板。「体調不良のため」とのことだったが、この前後で繁華街をひとりでふらつく姿を目撃されていたというウワサがあったという。

「その後、一時的に音信不通になって関係者を騒がせたらしいけど、本人いわくマネジメントの連絡ミスで、だから事務所を変えると言っていた」(同関係者)

 確かに本人は今年4月のブログで、2月から大手芸能プロのオスカープロモーション所属になったと伝えてはいた。しかし、その直後の逮捕で、もし有罪となれば、これまで積み上げてきた俳優の地位も失いかねない。

『シェイクスピア物語』など近年の舞台も好評で、「自ら脚本を書くようになったりクリエイティブなところもあったのに」と関係者は肩を落としている。

 約1年半前のインタビューでは、罪の告白として「コンビニで間違って抽選券を2枚取ってしまい、パッと見てアタリがあったのでハズレの方を返してしまった」と笑っていたが、薬物事犯に手を染めていたとなればシャレにならない。

 今回の事件では警察が「共犯者」の存在を探っており、複数の署が合同捜査中だ。業界内では「別のイケメン俳優も疑われている」との声もささやかれる。

 かつて7股交際を自慢していた遠野にだけは誰も「女癖が悪い」などと言われたくないだろうが、もしまた逮捕者が出れば、そんな放談が許されてしまいそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/05/23 23:00
こんな記事も読まれています

覚せい剤逮捕の俳優・松尾敏伸は「女癖が最悪」!? 遠野なぎこの証言に関係者が反論も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

嘘と混乱の東京オリンピック

 前代未聞の大失敗に終わった『FYRE』とい...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真