日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・朝丘雪路さんの“お嬢様伝説”

故・朝丘雪路さんのスゴすぎる“お嬢様伝説”!「傘も持たない」「硬貨を知らない」「自販機に話しかける」

『GOLDEN☆BEST/朝丘雪路 筒美京平を歌う』(ソニー・ミュージックハウス)

 アルツハイマー型認知症のため療養していた女優・朝丘雪路さんが、4月27日に死去していたことがわかった。82歳だった。朝丘さんといえば仕事上だけでなく、私生活でも常に一緒に行動する付き人がいることで有名だった。

 高名な日本画家・伊東深水の娘として溺愛された“超お嬢様”の朝丘さんには、小学校のときから養育係が付き添い、おやつを食べるときも手を汚さないよう係が口に運んだといわれる。雨が降っても「指をケガする」と自分で傘を持つことは止められ、中学生になっても、ひとりで通学できなかったという。ただ、宝塚歌劇団を経て人気女優となってからも、その浮世離れした発言が、バラエティ番組で大ウケだった。

「番組出演やロケの時に関係者を驚かせたのが、引き連れたスタッフの多さ。マネジャーや付き人だけでなく『お話相手』なんて係の人までいた」と、テレビ関係者は語る。

「彼女は結婚するまで自分でお金を払って買い物をした経験が一度もなく、1万円札しか使わないので、硬貨をお金と思っていなかったほど。だからショッピングにも付き人が必ず同行したそうです。洗濯機や電子レンジなど、日用の電気製品すら使い方がわからないままだったとも聞くので、自分じゃ何も考えなくていいような人生を送っていたんでしょう」(同)

 当然、女優の仕事に出かける際にも付き人は欠かせず、現場でセリフを覚えるためのスタッフが2~3人、常に付き添っていたという。かつて住んでいた四谷の自宅マンション付近では、自動販売機に「お茶をくださる?」と話しかけるなど、まさに国宝級の「世間知らず」だったわけだが、その原因となった親の過保護には、別の理由もあったという説がある。

「実は、父親が過保護にしたのは理由があって、妾との間の子であったために『芸がなければ、体を売る娘になってしまう』と将来を心配し、ほかのことを一切やらせず、徹底して芸能人への道を歩ませたらしいんです。だから、お嬢様なのに箸の持ち方もきちんとしていなかったんです。しかし、結局は父親の望み通りに、女優や歌手としては一流になったのですから、ある意味、英才教育だったといえるのでは」(同)

 世間知らずのお嬢様という芸能人はほかにもいるが、下手すれば“おばか”扱いされるところ、朝丘さんの国民的人気が続いたのは、その上品さや、夫の津川雅彦氏が「こんな絶滅危惧種のお嬢様は、俺が一生守らなくてはと思った」と、これまた彼女のキャラクターを愛したからでもあったのだろう。

「13年ごろからセリフが覚えられなくなるなど、認知症の兆候があったという話です。その頃の彼女は深夜番組の街角リポーターまでやっていたんですが、それはお金のためじゃなく、本人が『楽しい』と言って続けていた仕事だったそうです。最高に幸せな人生だったと思いますね」と関係者。

 昭和の大物女優をまねて、無駄に付き人をゾロゾロ連れて闊歩する人気タレントはいるが、朝丘さんのような生粋のセレブ感を持った人はなかなかいないだろう。芸能界がまた少し寂しくなった。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/05/24 10:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

故・朝丘雪路さんのスゴすぎる“お嬢様伝説”!「傘も持たない」「硬貨を知らない」「自販機に話しかける」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真