日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『シグナル』ご都合主義な展開に……

『シグナル』吉瀬美智子、あっさり復活もストーリーに関係ない人物は死んでしまうご都合主義な展開に……

フジテレビ系『シグナル 長期未解決事件捜査班』番組公式サイトより

 坂口健太郎が主役を務めるドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)の第7話が22日に放送され、平均視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.2ポイントアップとなりました。

(前回までのレビューはこちらから)

 前回に引き続き、1998年に起きた連続窃盗事件を捜査する三枝健人(坂口)刑事は、その当時、誤認逮捕された工藤雅之(平田満)に改めて事件を振り返るよう促します。

 すると工藤は、窃盗事件の直前、被害者宅の息子・白石智弘(白石隼也)とトラブルを起こし、その際に白石邸の郵便受けに触れたことを思い出します。結果的に、この指紋と智弘の目撃証言によって、工藤は濡れ衣を着せられるハメに陥ってしまったのでした。

 このことを知った健人は、過去と交信できる無線機を使い、当時の世界を生きる大山剛志(北村一輝)刑事に連絡します。大山は智弘の身辺を嗅ぎ回り、盗品を見つけ出すことに成功。智弘を逮捕するのですが、智弘の父親とつながりのある衆議院議員・野沢義男(西岡德馬)が警察に根回しし、不起訴処分になってしまいます。

 一方、過去が変わったことで、前回殉職した健人の上司・桜井美咲(吉瀬美智子)が復活し、工藤は収監中に病死と、2018年現在の状況が一変します。

 不完全燃焼ながらも事件が終結したことで、健人は大山の現在の行方を追うことに。すると、大山は1999年に起きた女子高生集団暴行事件の捜査中に行方不明になったことが判明します。

 実は、この事件で主犯の疑いをかけられ逮捕されたのは、健人の兄・加藤亮太(神尾楓珠)だったのです。亮太は、この事件をきっかけに自殺。その運命を変えるべく、健人は事件を洗い直そうと動き出します。

 そんな折、上司の岩田一夫(甲本雅裕)から、集団暴行事件の真相を教えるとの連絡が。どうやら岩田は、この事件の真相を知っている様子なんですね。けれど、病気の娘の治療費を刑事部長の中本慎之助(渡部篤郎)に出してもらう代わりに、今までは口をつぐんでいた。しかし、その娘が病死したため、健人に事件の真相を明かそうと決意したようなのです。

 兄の自殺と大山の失踪を食い止められるかもしれない。健人は逸る気持ちを抑え、岩田に指定された待ち合わせ場所へと向かうのですが、そこには腹部を刺され瀕死状態の岩田の姿があり、今回はここで終了となりました。

 さて感想ですが、前回殉職した美咲が復活した一方、工藤に関しては、娘が焼死した事件で偶然居合わせた矢部英介(小須田康人)を逆恨みし、刺殺。逮捕されて収監中に病死と、なんだか後味の悪い、というよりもメインキャラだけが助かればそれで良し、といったご都合主義な展開になりました。

 美咲の再登場にしても、ずいぶんとあっさりしてたなぁと。健人との絆を深めるため、前回で死ぬ展開にしたと思うのですが、あまり効果はなかったように思います。“リセットボタンを押せば生き返る”式で、命の尊厳が感じられず、ドラマが薄っぺらくなってしまった印象すらあります。この先、誰かが死んでもどうせ助かるだろ、という目で見てしまいますからね。

 都合の良い展開に関していえば、大山の捜査もかなり強引で、リアリティーが薄い。智弘の車の中を令状もなしに勝手に調べ、事情を知る白石家の使用人と盗品を署へ運び、「証人と証拠が見つかりました!」とドヤ顔をしていましたけど、完全に違法捜査なんじゃないですかね。

 描き方が雑な点は、健人の言動にも表れていました。冒頭、健人は窃盗事件の真犯人を見つけ出すため、工藤に当時の記憶を思い出すよう頭を下げて頼むシーンがあったのですが、たとえ殺す意思がなくても、工藤は美咲が死ぬきっかけをつくった人物です。それなのに、よく下手に出られたものだなぁと驚いてしまいました。

 これが、美咲を救うために割り切っての我慢、工藤に見えないところでは怒りと悔しさでこぶしをぎゅっと握りしめる、といったワンカットでも挿入されていれば、まだ理解できたと思います。けれど、健人はまるで丁重にもてなすように工藤と語らっていたため、どうしても違和感がありました。とても健人の心情面を考えた上でのシーンとは思えませんでした。

 ディテールに粗さは目立ちますが、無線機でつながれた大山と健人が、お互いに人生のターニングポイントとなった事件へと導かれていく展開は見応えがありますし、この先が楽しみでもあります。

 また、この事件の背景にはどうやら、警視庁上部の陰謀が蠢いている様子でもあり、クライマックスに向けて徐々にエンジンがかかってきたのではないでしょうか。視聴率的には苦戦続きですが、挽回を期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/05/23 20:00
こんな記事も読まれています

『シグナル』吉瀬美智子、あっさり復活もストーリーに関係ない人物は死んでしまうご都合主義な展開に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真