日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > セクハラ問題で使いにくくなる芸人

セクハラ問題が芸能界にも波及! イジリー岡田、石橋貴明、三村マサカズ……使いにくくなる芸人たち

左:イジリー岡田(ホリプロオフィシャルサイトより)、右上:石橋貴明、右下:三村マサカズ(ホリプロオフィシャルサイトより)

 東京都狛江市の高橋都彦市長(66)が複数の女性職員にセクハラ行為をした疑惑が明らかになり、大紛糾している。21日に水野穣副市長が、セクハラが確認されたとの調査結果を発表。一方で当初、高橋市長は「セクハラをしたという認識は持っていない」と否定していたが、22日になってセクハラ行為を認め、報道陣の取材に対し「辞任する方向で考えたい」と述べた。

 4月には財務省の福田淳一前事務次官によるセクハラ問題が波紋を呼ぶなど、セクハラへの社会の関心度が一気に上昇。セクハラまがいの言動や行動は、厳しい目で見られるようになってきた。

 そんなセクハラ問題が芸能界にも飛び火。キワどい発言や下ネタ、女性イジりを得意として、売りにしてきたタレントにとっては、死活問題になっているようだ。

 テレビ局関係者は「スタッフが最近使いにくいと嘆いているのが、イジリー岡田さんですね。以前は、イジリーさんと女性アイドルやグラビアアイドルを絡ませた企画を放送すると、深夜帯ではけっこういい数字が取れたりしていたのですが、このご時世にセクハラ芸みたいなことをやるとバッシングがすごくて、怖いですよ。数年前には人気アイドルグループの女の子をセクハラ芸で平気で泣かせたりしていましたが、もうオンエアできません。局内でもコンプライアンスが厳しくなっているので、ヨゴレ役を売りにしているような女性タレントの扱いも気を使うようになってきています」と声をひそめる。

 芸能界でもセクハラに敏感になり、お笑いタレントも芸風を変えざるを得ない状況になっているようだ。

 前出のテレビ局関係者は「ここまで世間の目が厳しくなると、特にお笑い芸人さんが相当やりづらいかもしれません。以前だと、とんねるずの石橋貴明さんが、モーニング娘。のメンバーをイジり倒したり、さまぁ~ずの三村マサカズさんが大江麻理子アナにセクハラまがいのことをしたりして、逆にいい味を引き出していましたが、こんなこと今のテレビで放送したら批判が殺到してしまいます、収録でそういうイジりがあっても問答無用でカットですね」と話す。

 線引きが難しいデリケートな問題だけに、芸能界、テレビ局側も戦々恐々として萎縮しまくっているようだ。

最終更新:2018/05/24 22:30

セクハラ問題が芸能界にも波及! イジリー岡田、石橋貴明、三村マサカズ……使いにくくなる芸人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真