日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 相撲協会がフジに猛抗議で全面戦争!?

高橋真麻の「バカなの?」発言が引き金に……相撲協会がフジテレビに猛抗議で全面戦争に!?

高橋真麻

 日本相撲協会の“逆ギレ”にフジテレビも困惑?

 発端となったのは、4月4日に京都府舞鶴市で開催された大相撲春巡業で、倒れた舞鶴市長の救命にあたった女性に「土俵から下りて」と不適切なアナウンスがあった問題だった。

「日本相撲協会の春日野巡業部長は当初、『トイレに行っていた。アナウンスは聞こえなかった』『その場にいなかったので対応もできなかった』などと説明していたのですが、SNSに投稿された写真から、非常口の電灯がある出入り口で両手をポケットに入れてたたずんでいたことがわかり、本人もそれを認めて赤っ恥をかく形となりました」(スポーツライター)

 この一件をフジのワイドショーは、こぞって大きく取り扱った。

 4月9日放送の『とくダネ!』では、キャスターの小倉智昭は当初と違う説明をしている春日野巡業部長に対して、「もうちょっと上手なウソをつけばいいのに。トイレなんて一番怪しいもん」などと厳しい口調で糾弾。また、4月10日放送の『バイキング』では、フリーアナの高橋真麻が「こんなバレバレのウソつくってどうして? バカなの?」とコメント。ネット上では「真麻よく言った」「スカッとした~」といった声が続出していた。

 しかし、こうした放送内容が相撲協会の怒りを買ったようだ。

「5月の半ばに、相撲協会がフジテレビに対して猛抗議をしたそうです。とりわけ、真麻の『バカなの?』発言を問題視し、フジが放送している『日本大相撲トーナメント』や『大相撲ODAIBA場所』の利権を引き揚げ、本場所の取組映像の貸し出しも行わない構えだといいます。確かに、『バイキング』ではYOUも『私も本当に見ていて、バカかこれ? って思っちゃう』と真麻の発言に同調。MCの坂上忍も『あの真麻ちゃんがバカ呼ばわりって、なかなかないよ?』と、出演者が“バカ”を連呼していましたから、ちょっとやりすぎだったかもしれませんね」(前出・スポーツライター)

 相撲協会は昨年12月にも元横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行問題に関する報道で、事実と異なる内容があるとしてフジに抗議文を送付しているだけに、真麻の発言が引き金となり、積もりに積もった遺恨が爆発したのかもしれない。

最終更新:2018/12/17 19:08
こんな記事も読まれています

高橋真麻の「バカなの?」発言が引き金に……相撲協会がフジテレビに猛抗議で全面戦争に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真