日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ドラマ『宮本』アメフト問題とカブる

なぜか日大アメフト部問題とシンクロした展開!! 池松壮亮が頭を丸めた『宮本から君へ』第8話

テレビ東京系『宮本から君へ』番組サイトより

 日大アメフト部問題が注目を集めています。アメフト部員である学生たちがアメフトに青春のすべてを捧げているのに対して、監督やコーチといった大人たちにとってのアメフトはお金を稼ぐための手段でしかありませんでした。試合に勝つことのみを目的とした組織の理論とアメフトという競技に情熱を注ぐ選手個人の想いとの大きな裂け目に、渦中の選手はハマってしまったようです。ビジネス上の常識と個人的な理想との狭間で、『宮本から君へ』(テレビ東京系)の主人公・宮本浩も揺れ動いています。奇しくも宮本役を演じる池松壮亮が頭を丸めた『宮本から君へ』第8話を振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

 宮本浩(池松)は弱小文具メーカーに勤める新米営業マンです。前回、先輩の神保(松山ケンイチ)と共に大手製薬会社に納品するクリアファイルの商品説明に臨みました。宮本にとっては初めての大仕事、神保にとっては最後の仕事になるため、かなり頑張った低価格で見積書を提出しました。ところが、ライバル社の益戸(浅香航大)がさらに安い価格を提示していたことを知り、大ショックを受けます。入札制にもかかわらず、仲卸業者である「ワカムラ文具」の島貫部長(酒井敏也)が益戸に情報を漏らしていたのです。汚い島貫や益戸たちのやり口に、怒り狂う宮本でした。

 大手製薬会社が正式決定を下すのは10日後です。美沙子(華村あすか)とはあっさり別れた宮本ですが、今回の仕事はどうにも諦め切れません。神保から無駄だと諭されても、今の宮本の耳には何も届かない状態です。商品説明会であからさまに不機嫌な態度を見せていたことを文具問屋の安達(高橋和也)からも注意されますが、そこへ勝ち誇った表情の益戸が現われたため、ついつい余計なひと言が出てしまいます。「直前になって見積書を書き直す、益戸さんの慌てふためく姿を見たかったです」と精一杯の皮肉を口にするのでした。

 ド新人の営業マンである宮本のこの言葉にカチンときた益戸は「おまけは黙ってろよ」と言い返します。感情の沸点が極端に低い宮本は、もう我慢できません。安達たちが見ている前で、益戸につかみ掛かってしまいます。ところが、勢い余った宮本は、益戸にいなされて、かっこ悪く床に転がるはめに。「おい、ケンカか!?」とフロア全体が騒然としますが、益戸の「違います。つまずいただけだよな、宮本くん」という冷静な言葉によってその場は収められるのでした。安達からの「お前は営業失格だ」というダメ押しの言葉が身に沁みる宮本でした。

 熱血サラリーマンドラマだった『宮本から君へ』ですが、第8話は同じテレ東の人気ドラマ『孤独のグルメ』に同化していきます。怒りのやり場のない宮本は、神田の洋食屋で、さらには赤羽の自宅アパートに戻って、バカ喰いを続けます。井之頭五郎のようなウイットに富んだ脳内ナレーションはありません。自分の胃袋を痛めつけるためだけに、ひたすら宮本は食べ続けます。お昼をたらふく食べた後も、コンビニで買った袋入りのポテトチップをペットボトルのコーラで流し込み、大福もちを齧り、さらには甘いプリンアラモード、カップ麺をかっ喰らいます。心配して様子を見にきた同期入社の田島(柄本時生)の気分が悪くなるほどの悪食ぶりでした。これでは庶民的美学を貫く『孤独のグルメ』ではなく、節操のない『乞食のグルメ』です。かっこ悪いことをしている自分に酔っていることを宮本は自覚しており、そのことがさらに宮本に嫌悪感をもたらすのでした。負のループ地獄が止まりません。

「俺がかっこいいと思ったやり方、何ひとつ成功しねぇ」と狭いアパートのトイレで宮本は嗚咽します。うんこと惨めさを垂れ流す宮本でした。さらにはトイレットペーパーが切れていて、自分の尻さえも拭えません。武士なら切腹、極道なら指を詰めるなどの詫び方がありますが、トイレから出てきた宮本が選んだ方法は実にシンプルです。部屋にあった電気シェーバーを使って、頭を丸め始めるのでした。中途半端な逆モヒカン状態になった宮本と、それを見て笑い転げる田島の表情をカメラは映し出します。役のために、自分の地毛を劇中で刈ってしまうところが、実に若手演技派・池松壮亮らしいですね。


12

なぜか日大アメフト部問題とシンクロした展開!! 池松壮亮が頭を丸めた『宮本から君へ』第8話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真