日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『おっさんずラブ』のおっさん問題
BL的要素だけじゃないんです

最終回目前! 『おっさんずラブ』ヒットの裏に、現代ニッポンのおっさんが抱える孤独と不安があった?

 主人公の春田は33歳で、牧は25歳、栗林は23歳。10代から見れば全員おっさんかもしれないが、牧と栗林は社会人としては若手で、30代の春田にしてもまだ青年の範疇にいて、むしろ幼く描かれている。

 そう考えるとやっぱり、おっさんといえるのは40代からで、44歳の武川と55歳の黒澤部長だろう。

 特に重要な存在が黒澤部長だ。物語の発端が彼の春田への告白だと考えると、タイトルのおっさんとは黒澤のことではないかと思う。

 春田に「気持ちに応えることができない」と言われた時、黒澤は「ダメなのは上司だから? それとも男だから?」と尋ねるが、春田は「純粋な上司と部下の関係に戻りたいんです」と答える。

 この場面は、黒澤の恋愛感情が、上司から部下へのパワーハラスメントとなっていたことを思い知らされる。

 黒澤が向ける春田への恋愛感情には、同性愛の要素だけでなく、パワーハラスメントの問題が内在するのだが、今の日本を見ていると、視聴者の関心が向かっているのは年配の男性の振る舞いが結果的にパワハラとなってしまうという、おっさんが持つ暴力性ではないかと思う。

 TOKIOの山口達也が起こした未成年への暴行未遂事件や、日大アメフト部の悪質タックル事件など、おっさんのパワハラ問題が連日ワイドショーをにぎわせていて、その風当たりは年々強まっている。

 彼らおっさんはサイレントマジョリティで、ありふれた存在だからこそ、多くは語られない。しかし、今の日本社会で起きている大概の問題は彼らに起因している。

 パワハラもセクハラも、行使する側に問題があるのは明らかだ。しかし、ニュースやドラマは被害にあった側に光を当てるあまり、加害者たるおっさんたちを無知で愚かなモンスターとして処理している。しかし彼らのパワハラの背後には、彼ら自身も言語化できていない深刻な悩みや問題があるのではないだろうか。

 だからこそ、黒澤部長が注目されているのだろう。彼が春田に向ける恋愛感情の内実についてあまり語られていないが、長年連れ添った妻と離婚してでも春田と付き合うとする黒澤の常軌を逸した行動は、深く説明されないからこそ、背後におっさんが抱える孤独と不安があるのではないかと想像させる。

 最終話は、春田が誰を選ぶのかという方向に向かうのだろうが、黒澤の中にあるおっさんの不安や哀しみの片鱗が、少しでも見えたらいいなと思う。 

(文=成馬零一)

最終更新:2018/06/01 14:00
12

最終回目前! 『おっさんずラブ』ヒットの裏に、現代ニッポンのおっさんが抱える孤独と不安があった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真