日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『おっさんずラブ』のおっさん問題
BL的要素だけじゃないんです

最終回目前! 『おっさんずラブ』ヒットの裏に、現代ニッポンのおっさんが抱える孤独と不安があった?

テレビ朝日『おっさんずラブ』公式サイトより

 『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が今週、最終回を迎える。

 土曜の夜11時15分から放送されている本作は、天空不動産に務める春田創一(田中圭)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、ルームシェアをする後輩の牧凌太(林遣都)に告白されて思い悩む、男性同士の恋愛をコミカルかつシリアスに描いた恋愛ドラマだ。

 物語は3人の恋愛関係を中心に、離婚を切り出された黒澤の妻・蝶子(大塚寧々)、春田が気になっている幼なじみの荒井ちず(内田理央)、そんなちずに興味を持つ新入社員の栗林歌麻呂(金子大地)、そして牧とかつて付き合っていた営業部主任の武川政宗(眞島秀和)を巻き込んだ複数の三角関係が展開。片思いによる三角関係を複数展開することで複雑な人間模様を見せていくのはトレンディドラマ以降の恋愛ドラマの手法で、むしろ懐かしいくらいである。

 本作が放送されているテレビ朝日の土曜ナイトドラマ枠は昨年、16年ぶりに再スタートした枠で、オリジナル脚本の恋愛ドラマを放送してきた。

 テレ朝のドラマというと『相棒』や『ドクターX~外科医・大門未知子~』といった刑事や医者が主人公のシリーズモノという印象が強いが、『やすらぎの郷』や『トットちゃん!』のような昼帯枠のドラマを新設したりと、近年は攻めの姿勢も見せつつある。

 同時に、視聴者の需要を見極めようとする慎重さも備えており、『おっさんずラブ』も2016年の年末にSPドラマが放送され、そのリブート版として連続ドラマは作られた。

 SPドラマの時は、ボーイズラブ(BL)を前面に打ち出した衝撃が強かったが、連続ドラマ化にあたっては、同性愛に対しては春田の戸惑いをコミカルに描いてはいるものの、距離感はニュートラルだ。”人を好きになる”という気持ちと、どう向き合うべきか? に焦点を当てているのが、恋愛ドラマとして秀逸なところだ。

 SPドラマの時から一部で話題だったが、連ドラ化によって人気が爆発。黒澤部長のインスタやPixivでイラストを募集するといったネット戦略も功を奏し、今期のダークホースとして一気に盛り上がりを見せた。

 BL的側面が注目されがちだが、多様な性のあり方を肯定的に描くドラマは近年増えつつあり、真新しいものではない。むしろ本作の核となっていて、多くの視聴者を引きつけているのは、タイトルにある「おっさん」という要素ではないかと思う。

 そもそも、本作における「おっさん」とは誰なのだろうか?


12
こんな記事も読まれています

最終回目前! 『おっさんずラブ』ヒットの裏に、現代ニッポンのおっさんが抱える孤独と不安があった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真