日刊サイゾー トップ > 芸能  > 関係者が明かす「再オファー」の理由

芸能人必見!? ドラマ関係者が明かす「再オファー」される理由とは?

※イメージ画像

 近年は地上波や衛星波のみならず、ネット動画などでもオリジナルで制作されるドラマ。出演可能な枠は以前よりも増えたが、芸能人にとって大切なのは制作サイドから「再オファー」をしてもらえるかどうかだ。再オファーされやすい芸能人の大きな要因についてドラマ関係者が理由を教えてくれた。

 まずは“キャラクター”が立っている人物だ。

「ドラマは毎回“パズル”を作っていると思ってください。地上波ドラマの場合、主演だけは、早ければ1年以上前から大手芸能事務所のタレントで決まる場合も多いですが、2番手、3番手、4番手はそこまで早くない。となれば、ドラマのコンセプトと合致するキャラを持っている人をまず、最初に探す。これを確立できる人は、着実に再オファーの回数が増えると断言できます」

 続いては意外にも“社会人としての一般常識”が身についている人だという。

「まあ、挨拶できない芸能人、特に役者は多いですよ(笑)。特に、裏方さんにいいかげんな対応をしている人はすぐに、ウワサが広まります。売れている間はいいですが、右肩下がりになった途端、再オファーは途絶えるでしょうね。多少、ルックスが悪くても、演技が上手くなくても、とにかく元気よく挨拶できるかどうか。休憩時間にイスに座るときでも周囲に気を使えるか。これができていれば、例えば残り1枠を2人で争った場合、確実にそうした人を選びます」(同)

 多くの芸能人は10代から業界に入り、そうした部分が「欠けていることが多い」(同)。半面、礼儀などがしっかりしていれば声はかかりやすくなるようだ。

 番外編として、出演するのがドラマではなくミュージカルなど舞台公演の場合だと、要素がもう1つ加わる。

「“固定客”を持っているかどうかですね。長期間の拘束があり、ギャラもテレビドラマに比べれば安くなるミュージカルですが、その分、実力はつきやすい。そんなこともあって、若手の役者は出演を望むことが多い。公演の場合、生命線はやっぱりチケットの売れ行きが重視される。そうした中で、この人が出るならチケットを買う、と見込める固定客が例えば100人単位でいるなら“稼げる役者”枠として何度もオファーがあるでしょう」(同)

「再オファー」の条件も千差万別のようだ。

最終更新:2018/06/06 11:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

芸能人必見!? ドラマ関係者が明かす「再オファー」される理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真