日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有働アナ「安全パイ」選択の裏事情

有働由美子アナが“低迷”フジより“王者”日テレへ! 「安全パイ」選択の裏事情

『ウドウロク』(新潮社)

 3月いっぱいで、NHKを退局した“フリーの大物”有働由美子アナが10月から、日本テレビ系の深夜の報道番組『NEWS ZERO』のメインキャスターに就任することが決まった。これに伴い、村尾信尚キャスターが9月いっぱいで降板することも、併せて同局から発表された。

 10月といえばまだ約4カ月も先の話で、この時期に局側が番組の“人事異動”を公にするのは異例。有働アナの起用が内定していても、発表はもっと後でもよかったのではないかとの疑問が残る。

「『ZERO』は、故・小林麻央さん、鈴江奈々アナ、山岸舞彩がメインキャスターを務めていた頃は、それなりに高視聴率を記録していましたが、現在は出演者も地味でジリ貧状態。日テレとしては、有働アナが10月から登場することを早々に発表することで、注目度をアップさせて視聴率アップにつなげたいのでしょう。また、有働アナを獲得したことを早々に発表して、9月まで、同曲の番組に使いやすい環境もできます。これで、他局は正直起用しづらくなりますね」(テレビ制作関係者)

 ただ、こうなると、同情すべきは、2006年10月の番組開始から出演してきた村尾キャスターの立場だ。降板するのが明らかになっていながら、あと4カ月も出演を続けなければならないのだから、“さらしもの”みたいなものだ。

 フリー転身後、有働アナを巡っては、各民放キー局が激しい争奪戦を繰り広げた。特に熱心だったのは、視聴率が低迷するフジテレビだった。同局は元NHK・登坂淳一アナの“セクハラ報道”による出演辞退騒動でミソをつけた『プライムニュース イブニング』に破格の条件で、オファーしたとされるが、有働アナの決断は「NO」だった。

「フリーになって、最初のレギュラー番組となると、当然視聴率が問われます。そこで、数字が取れなければ、その後の仕事にも大きく影響してきます。こういったオファーがあれば、『低迷するフジを立て直してやろう』との気概をもつ人もいるでしょうが、有働アナは視聴率三冠王の日テレを選択。失敗する可能性の低い“安全パイ”を選んだということでしょう。ただ、有働アナの支持層は圧倒的に主婦、女性で、担当番組が朝から深夜に一変することで、今まで通りの人気が維持できるかは疑問ですね」(同)

 有働アナはNHK退局後、現場取材にこだわりを見せ、ジャーナリストを標榜していた。その意味で、報道番組のキャスターは、「願ってもない」オファーであることに違いない。しかし、有働アナが過去に報道番組のメインキャスターを担当したのは、『NHKニュースおはよう日本』(1994年4月~97年3月)、『NHKニュース10』(02年4月~06年3月)のみで、実に12年以上のブランクがある。

 07年6月から10年3月まで、特派員としてニューヨークのアメリカ総局に勤務しキャリアを積んだが、帰国後は情報番組『あさイチ』の司会に就任したため、その経験を生かす機会はなかなかなかった。従って、報道キャスターとしての現在の能力に疑問符もつく。

「『ZERO』は嵐・櫻井翔、桐谷美玲、板谷由夏、ピース・又吉直樹といったタレントをキャスターに起用するなど、お堅い報道番組とは、やや一線を画します。芸能ゴシップネタこそないものの、情報番組に近い編成ですから、有働アナが入っても、すんなり収まるかもしれませんね。テレビ朝日系『報道ステーション』や、TBS系『NEWS23』より、『ZERO』の方が向いていそうです」(テレビ誌関係者)

 現在、『ZERO』で村尾キャスターとコンビを組む小正裕佳子アナは、メインキャスターを務めながらも、熱心に現場を飛び回っている。有働アナが本当に“現場”にこだわりをみせるなら、小正アナ同様の動きが期待されるが、果たしてどうなることやら……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/06/07 16:00

有働由美子アナが“低迷”フジより“王者”日テレへ! 「安全パイ」選択の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真