日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > “少女おばさん” 安達祐実に注目
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

コスプレだけじゃない! “少女おばさん” 安達祐実が名バイプレイヤーとして再浮上

セクシー写真集を発売したこともありました

 内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)は今回でseason3となる人気ドラマだ。捜査一課を束ねる大岩純一(内藤)が部下たちの指揮を執りながら事件を解決していく刑事ドラマなのだが、season3になって新登場したのが、安達祐実が演じる女刑事・谷中萌奈佳(やなか・もなか)だ。

 谷中は幼少期から柔道の人気選手として活躍し、オリンピックで金メダルを期待される国民的スターだったが、メダルを獲ることなく引退。その後、義父の後を継いで警察官となり、広報課内に新設されたセルフブランディングルーム室長に就任、現役時代の知名度を生かす形で広報活動の仕事をしていた。劇中では彼女のポスターやメモ帳といったキャラクターグッズがたくさん登場するのだが、いうなれば警視庁のアイドル的存在である。

 一人だけの部署に押し込まれて今までくすぶっていたのだが、刑事として捜査に参加することで新たな人生を歩んでいく。

 演技が妙に生々しいのは、谷中のキャリアと、天才子役として国民的スターだった安達のキャリアが、重なるところが多いからだろう。

 安達は現在36歳。2歳の時にモデルデビューして以降、子役としてキャリアを重ね、小林稔侍と共演した「ハウス食品・咖喱(カリー)工房」のCMで人気となり、「具が大きい」というセリフはその年の流行語となった。

 1994年にはドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で、主人公の小学生・相沢すずを演じる。母親の手術代と生活費のために靴磨きから万引まで、ありとあらゆる手段でお金を稼ごうとするすずの姿は、安達の子役離れした据わった目とすごみのある芝居で大きく注目された。「同情するなら金をくれ!」という決めゼリフも有名となり、高視聴率を獲得した。

 ちなみに『警視庁・捜査一課長』で共演する内藤は、『家なき子』ではすずを苦しめる最低の父親を演じていた。

 別のドラマで共演した2人をキャスティングして、過去作の雰囲気をにおわすドラマは少なくない。最近では『ロングバケーション』(フジテレビ系)で恋人役を演じた木村拓哉と山口智子が離婚した夫婦役を演じた『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が話題となったが、『家なき子』で激しく憎み合う親子だった内藤と安達が、刑事の上司と部下として事件に立ち向かう姿を見るのは、感慨深いものがある。


12
こんな記事も読まれています

コスプレだけじゃない! “少女おばさん” 安達祐実が名バイプレイヤーとして再浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が、愛妻と共に映画の感想を語り合う不定...
写真