日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カラテカ矢部、ブレークの鍵は入江?

手塚賞受賞のカラテカ・矢部太郎、ブレークのカギ握るのは相方の「人脈力」か?

吉本興業公式サイトより

 お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎がエッセイ漫画『大家さんと僕』(新潮社)で手塚治虫文化賞の「短編賞」を受賞した。

 著書はすでに30万部を超える売れ行きといい「大家さんをはじめ、みなさんがいたから漫画が描けました」と語る矢部。贈呈式には板尾創路、ほんこんら、作中に登場するモデル4人もお祝いに駆けつけた。もともと、無名だった若手芸人時代に『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)に出演、数カ国語を猛勉強して笑わせる無理難題の企画をやってのけるなど“賢さ”の片鱗を見せていた。その後、気象予報士の資格も取得したが「押しが足りないというか、グイグイいけない性格がマイナスに動いた」(お笑い関係者)こともあり、なかなかブレークの機会に恵まれなかった。

 文学関係での受賞といえば、2015年にピース・又吉直樹の小説『火花』(文藝春秋)が「芥川賞」に選出され、一躍、有名となった。この時も相方で現在は米・ニューヨークに活動拠点を移した綾部祐二との“コンビ格差”が話題となったが、矢部の相方・入江慎也は先輩芸人のレギュラー番組のゲストに呼ばれる機会も多く、こちらも“格差”があったといえる。

 だが、別のテレビ局関係者は、矢部の本格ブレークのカギを握るのは「間違いなく入江さんでしょうね」と話す。

 現在は企業コンサルタントや講演会など、芸人以外の仕事をメインで生計を立てている入江だが「とにかく人脈の多さには我々も驚かされる。著名人はもちろん、企業の社長からまだ無名だけど才能あるアーティストまで幅広い。あれだけのネットワークがあれば、あちこちに矢部を売り込むことは十分可能。そこがピースとの最も大きな違いでしょうかね」(同)。

 次こそは、矢部も大きなチャンスをつかんでもらいたいものだ。

最終更新:2018/06/21 20:00
こんな記事も読まれています

手塚賞受賞のカラテカ・矢部太郎、ブレークのカギ握るのは相方の「人脈力」か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

元アイルネ・原田珠々華が語る未来

 2018年2月24日、8人組アイドルグループ「アイドルネッサンス」が解散した。クオ...
写真