日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 死んだ野良猫を路上で解体
ニャンてことだ!

死んだ野良猫を路上で解体→持ち帰って「料理」に!

猫の死体を街路樹にぶら下げて解体する男性

 21日、中国南西部にある広西チワン族自治区玉林市で、毎年恒例の「犬肉祭」が開幕した。同自治区では夏至に合わせて犬肉を食べる風習があり、この時期になると多くの飲食店で、「香肉」という隠語で犬肉が販売されている。くしくも前日には、お隣・韓国の裁判所では犬の食肉処理を違法とする判決が出たばかりだが、同市では何事もなかったかのように、犬の丸焼きを販売する露店も見られたという。

 一方、同自治区には猫肉を食べる習慣のあるエリアもあるのだが、隣にある広東省仏山市の路上で、男性が猫を解体しているところが目撃された。SNSに投稿された動画を見てみると、その男性は歩道の街路樹に猫の死体をぶら下げ、手慣れた様子で解体していく。どうやら、腹をさばいて内臓を取り出している様子だ。近くを通りかかった人がその男性に話しかけ、以下のようなやりとりが交わされた。

通行人「それはあなたが飼っていた猫か?」

男性「拾った」

通行人「生きてたのか、死んでたのか?」

男性「死んでた」

通行人「それをどうするんだ?」

男性「煮るんだよ……」

 その後も男性は平然と解体を続け、さばいた肉を持って自宅のアパートへと戻っていったという。野良猫はただでさえどんな病原菌を持っているかわからないのに、死肉だとすればもっとヤバいだろう。また、過去には猫肉に大量の毒が含まれていたため、それを猫鍋にして食べた人が中毒死する事件も起きている。これは業者が野良猫を駆除する際、毒を用いるからだ。

 中国ではあまりにリスクの高い猫食。長生きしたければ、手を出さないほうが賢明だ。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/06/26 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

死んだ野良猫を路上で解体→持ち帰って「料理」に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真