日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > サッカー日本代表を中国人が擁護

サッカー日本代表「無気力試合」を“出場してない”中国が擁護! その理由とは?

W杯を屋外で観戦する中国人。サッカー賭博に熱心なこともあり、大いに盛り上がっている

 6月28日、サッカーW杯ロシア大会で日本代表は0-1でポーランドに敗れたが、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を果たした。日本中から歓喜の声が上がるかと思いきや、後半戦の終盤に“無気力試合”を行ったことに批判が殺到。ポーランドに負けていたにもかかわらず、決勝T進出を優先し、自陣内でパス回しをして時間稼ぎに終始したことが「フェアプレー精神に反する」ということで、後味の悪さが残った。

 欧米をはじめ、世界中のメディアやサッカーファンからも同様の批判が殺到。開催国・ロシアのメディアは「サッカーをバカにした」と憤慨。英ガーディアン紙の記者は試合直後、Twitterで試合後にゴミ拾いをして世界中から称賛された日本人サポーターを引き合いに出し、「日本人サポーターでさえ、この茶番劇の“ゴミ”は片づけられないだろう」と痛烈に皮肉った。

 一方、今回のW杯に出場していないのに異様な盛り上がりを見せているお隣の中国でも、このニュースは大々的に報じられている。通信社・中新社は速報で試合結果を伝え、「日本がポーランドに負けたが決勝進出 会場はブーイングの嵐」という記事を配信。「史上初:イエローカードの枚数で決勝Tへ アジアで唯一、日本だけ残った」(新浪新聞)など、淡々と結果を報じたものもあったが、「W杯最大のジョーク 世界中のサッカーファンから批判殺到」(中華網)や「日本は決勝Tに進出したが、世界のサッカー界からの敬意を失った」(新華社)という記事も。さらに「網易娯楽」は、中国で人気のセクシー女優・蒼井そらの中国版Twitter「微博」のコメントを紹介。「負けたけど決勝T進出。これも戦略。だけど私は面白くない…だけど、だけど結果は良し」とつぶやいたことを取り上げ、「W杯日本が16強に 蒼井そら『面白くない』」という見出しで報じた。

2000年以降、中国でもW杯は大盛り上がりを見せている。中国リーグに欧州の有名選手が多数在籍していることも要因のようだ

 

 中国のSNS上でも「フェアプレーから程遠い戦い方をしたチームがフェアプレーポイントで勝ったって、何かの皮肉かい?」や「果敢にドイツに立ち向かい、勝って散った韓国チームのほうが断然かっこいい」などなど、日本チームに対し批判の声が上がっている。

 しかし、批判一色ではない。擁護する声も多数あるのだ。日本代表が国内でも批判に晒されていることに対し「決勝Tに進むためなら、何したっていいじゃない。日本って本当に面倒くさい国ね」や「アジアのチームなんだから、私は日本チームの行為に賛成だ」「決められたルール内で試合をし、反則もしていない。誰も日本チームを批判する資格なんてない!」という書き込みも。一部の中国人は、せっかく決勝Tに駒を進めたのに水を差す自国民がいることが理解できないようだ。

 中国人は「勝つために手段は選ばない」「結果良ければすべて良し」と合理的な思考を持つ国民性だけに、今回の日本チームの行動には、日本人以上に理解を示しているのかもしれない。

(文=五月花子)

最終更新:2018/06/29 14:00

サッカー日本代表「無気力試合」を“出場してない”中国が擁護! その理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

おぼん・こぼん、葛藤の先にあった「電撃和解」

 つい最近まで、世間からすっかり忘れられてい...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真