日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木村佳乃の“はしゃぎすぎた”黒歴史

木村佳乃、「スカート履き忘れ」告白より“はしゃぎすぎた”黒歴史とは?

トップコート オフィシャルサイトより

 ここまでくると、さすがにウザかった?

 女優の木村佳乃が6月28日放送の『PON!』(日本テレビ系)に出演したが、あまりの“ネタっぽさ”に視聴者は引いてしまったようだ。

「ブルゾンちえみから『思わずグッとくる異性のしぐさ』について聞かれた木村は、『やっぱり男の人は下半身……』と切り出し、下ネタに誤解された空気を察して一人大爆笑。実際は“脚”の話で、『太いほうが好き』と言って、ブリリアン・コージの太ももを触りまくっていました。さらに、出かける際にはスカートは最後に履くという木村は、スカートを履き忘れて外出。仕事現場でコートを脱いだときに、下はタイツだけだったことがあったエピソードをどや顔で語っていました」(テレビ誌ライター)

 最近は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演し、バンジージャンプや熱湯風呂などの体当たりロケで注目を浴びている木村だが、今回は空回りだった模様。女性が集まるネット掲示板では「こんな綾瀬はるかみたいなボケはいらない」「昔から笑いのセンスないのに、ウケを狙って調子に乗り過ぎだと思う」「女優なのにバラエティで爪痕残せって言われているの?」「ちょっとはしゃぎすたね」などと、不評を買ったようだ。

 そんな木村には、過去にも、はしゃぎすぎてしまった芸歴がある。

「彼女はデビュー3年目の1998年に日本アカデミー賞新人賞を獲ってブレイク。松たか子路線を狙って、『イルカの夏』で歌手デビューしたんです。本人出演のCMのタイアップ曲にも使われたのですが、これがまったく売れなかった。その後もめげることなく新曲を発表し続け、シングル6枚、アルバム2枚をリリース。その全てが不発に終わり、2001年に持ち歌の約半分を突っ込んだベストアルバムを出したところで、ようやく歌手活動終了となりました」(芸能ライター)

『24時間テレビ』(日本テレビ系)のMCを務めることが決まっている木村だが、“はしゃぎすぎ”には要注意かも!?

最終更新:2018/08/20 11:49
こんな記事も読まれています

木村佳乃、「スカート履き忘れ」告白より“はしゃぎすぎた”黒歴史とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真