日刊サイゾー トップ > 芸能  > 飯豊まりえ「Oggi」モデルで大紛糾!

飯豊まりえの「Oggi」モデル起用に読者大紛糾!「ゴリ押し半端ないって!」

飯豊まりえ 公式インスタグラム(@marie_iitoyo)より

 エイベックスに所属するモデルで女優の飯豊まりえが、6月28日発売のファッション誌「Oggi」(小学館)8月号よりレギュラーモデルに加入。彼女は「Seventeen」(集英社)7月号で同誌の専属モデルを卒業していたが、、間を置かずに、今回「Oggi」の最年少モデルとして抜擢されることとなった。

 飯豊は「Oggi」を中高生の頃から愛読していたといい、「憧れの雑誌。もともとシンプルでベーシックなファッションが好きで興味を持ち、次第にそんなファッションを自然体で着こなすモデルさんたちのファンにもなりました」と思い入れを語っている。

 しかし、これに眉をひそめているのが「Oggi」の読者たちだ。

「『Oggi』のターゲットは『働くアラサー女性』で、モデルには“女性ウケのするかっこいいイメージ”が求められる。実際、レギュラーモデルの矢野未希子、泉里香、宮田聡子は、いずれもアラサー世代で雑誌のカラーにもぴったり。一方の飯豊は、現在20歳。6月に終了したドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)では、女子高生を演じていましたから、違和感を覚える読者も多いようです。年齢やイメージ的には『non-no』(集英社)のほうが合いますし、ほかのモデルたちも戸惑っているんじゃないでしょうか」(女性誌編集者)

 女性が多く集まるネット掲示板では「ゴリ押し半端なって!」「年齢も外見もティーン誌レベルの子、自分たちとカラーが違いすぎ」「誌面を見るまでもなく、ものすごく浮くのがわかる」「ジャンル違いすぎ! 背伸び感ありすぎ!」とブーイングの嵐となっている。

「期待されていた『花晴れ』は平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大惨敗。原作と比べて飯豊の出番が多く、彼女メインの回すらあったことが事務所のゴリ押しだと批判され、戦犯扱いされています。このドラマでアンチが激増し、“女性ウケ”という点でも不合格ですね」(前出・女性誌編集者)

 飯豊は7月下旬にも武田玲奈とのW主演ドラマ『マジで航海してます。~Second Season~』(TBS系)のスタートが控えている。彼女についたイメージは「新・ゴリ押し女優」といったところだろうか。

最終更新:2018/07/03 10:00
こんな記事も読まれています

飯豊まりえの「Oggi」モデル起用に読者大紛糾!「ゴリ押し半端ないって!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真