日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 日テレ、eスポーツ事業で不況を救う?

日本テレビの「eスポーツ」事業参入は“テレビ不況”を救うか? ハイリスクハイリターン狙いで……

「AXIZ」公式サイトより

 日本テレビが、流行りの「eスポーツ事業」に新規参入。プロチーム「AXIZ」(アクシズ)を結成しメンバーを公募する。

 初戦はオンラインカード型ゲームのプロリーグに設定。メンバーには月額報酬30万円に加えて賞金、同局の番組やイベント出演の際に発生するギャランティーも発生し、バックアップするという。

 これまでゲームといえば余暇を楽しむ1つの娯楽として長年親しまれたが、それを「稼業」にする動きが近年、急速に進んでいる。

 8月18日から9月2日までジャカルタで行われる『アジア競技大会』では、eスポーツを初めて公開競技として採用。日本代表選手も誕生し競技に参加する一方で、日本オリンピック委員会(JOC)は「正式な日本代表ではない」としてユニホームや滞在費などのサポートは一切行わなず、開会式や閉会式への出席も不可。まだまだ十分な競技環境が整っているとはいえない状況だ。

 だが、2022年の中国でのアジア競技大会ではメダル競技として採用される見通しで、その先には五輪種目としての“格上げ”も期待される。

 民放テレビ局関係者は、日テレの参入に「他社が追随する前に先手を打った形。メダル競技となればアジア、世界に自局の名前を売ることもできるし、国内においても競技大会の主催などにおいて優位に進められる可能性が高まる」と指摘。本来のテレビ局の主な収入であるCMスポンサーの売り上げが年々厳しくなる中で“金のなる木”に先行投資、「ハイリスクハイリターン」を狙ったのが思惑のようだ。

最終更新:2018/07/03 16:00

日本テレビの「eスポーツ」事業参入は“テレビ不況”を救うか? ハイリスクハイリターン狙いで……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真