日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 自殺を躊躇する女性にヤジ

自殺を躊躇する女性に「早く飛び降りろ!」とヤジ……実況中継、拍手して喜ぶ者も

今回の事件を伝える中国メディア

 7月1日、奈良県大和郡山市の近鉄橿原線近鉄郡山駅で、16歳の女子高生がホームから線路に飛び込み自殺する様子をネット配信し世間に衝撃を与えたが、中国では自殺をあおる見物人の罵声が引き金となり、若い女性が命を絶った。

 6月20日、中国甘粛省慶陽市のビルの8階から、19歳の女性が飛び降り、死亡した。最期の瞬間まで自殺をためらっていた彼女の背中を押したのは、野次馬の罵声だった。

「新華網」(6月27日付)によると、当時、商業ビルの8階の窓枠に腰かけていた女性を思いとどまらせようと、警察官が4時間にわたって説得を試みていた。現場には騒ぎを聞きつけた見物人が多数集まり、中には地上から女性の様子をスマホで撮影してSNSで拡散したり、ライブストリーミングする者までいた。さらに、女性に対し「なぜまだ生きてる?」「早く飛び降りろ」「暑いから早くして」などと自殺を促す言葉を浴びせるなどしていたという。こうした見物人の心ない暴言が引き金となり、女性はビルから飛び降り、死亡してしまった。女性が飛び降りた瞬間、拍手をして喜ぶ者もいたという。

 地元公安局は後日、公務執行妨害の容疑で事件現場にいた見物人6名を逮捕した。

 6名は取り調べに対し、「酒を飲んでいて、よく覚えていない」「あの女性は、彼氏にフラれて自殺をしようとしているとウワサで聞いた。バカらしい理由だと思って、ののしってしまった」などと身勝手な供述をしているという。

 一方、死亡した女性は、高校時代に担任の教師から受けていた性的暴行が原因でうつ病を患っており、これまでに何度か自殺未遂をしていたことが明らかになった。そこで警察は、この教師も強制わいせつの容疑で逮捕した。

 性犯罪の被害に一人思い悩み、見ず知らずの群衆から「死ね」と言われ、それに従って命を絶った彼女にとって、この世の中とは一体なんだったのだろうか……。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/07/04 14:00
こんな記事も読まれています

自殺を躊躇する女性に「早く飛び降りろ!」とヤジ……実況中継、拍手して喜ぶ者ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真