日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国税関、読み間違いで赤っ恥

福島産「放射能汚染食品」摘発でドヤ顔の中国税関……でも、実は「福岡」の読み違えだった!?

福岡県産を”放射能汚染食品”として摘発した税関職員らのドヤ顔

 2011年の東日本大震災に伴う原発事故以降、中国では日本の「放射能汚染地区産」の食品や飼料に対する禁輸措置が続けられているが、そんな中、密輸された福島県産の食品が押収されたと地元メディアが報じた。

 ニュースサイト「深セン新聞網」によると、押収されたのは香港籍の入境者が密輸した「福島県産の高菜の漬物」10袋や生の生姜、葉物野菜など合わせて約7kg。香港と隣接する深セン市の税関による手荷物検査で発覚した。職員が、高菜の漬物に日本語で書かれた産地名が「福島」となっていることに気づいたのだという

税関職員が「ほら!」とばかりに指をさす漬物のパッケージには「福岡県」の文字……

 同記事には、入境者の手荷物から密輸品を発見した職員2人のドヤ顔写真とともに、漬物のパッケージに書かれた産地表記部分の写真が掲載されている。しかし、そこには「福島」ではなく「福岡県大牟田市」と書かれているではないか……。どうやら、中国側はまったく気づいていないようだ。

「『岡』という字は、大陸では簡体字で『冈』と書くので、中国人の税関職員は読めなかったが、『福』という字が見えたので、福島県産と推測したのだと思われます。一方、香港で使われる繁体字で『岡』の字は日本の漢字とまったく同じなので、香港籍である入境者は猛抗議したはずですが、認められなかったのでしょう」(中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏)

 税関職員の勝手な思い込みで密輸犯に仕立て上げられたのでは、たまったものではない。

 しかし、吉井氏によると、禁輸措置の対象都県の設定も、かなりずさんなのだという。

「中国側は現在、日本の10都県産の食品・飼料を禁輸措置の対象としているが、なぜか福島第一原発から遠く離れており、特段、線量が高いわけでもない長野県が含まれている。一方で、福島県の隣の山形県は含まれていないなど、根拠がよくわからない」(同)

 爆買い中国人が日本経済の救世主として期待されるようになって久しいが、禁輸措置の対象都県の農漁業関係者は、その恩恵を享受できないでいる。日本政府は中国に対し、根拠なき禁輸措置の撤回や是正を求めるべきだろう。

最終更新:2018/07/06 18:00

福島産「放射能汚染食品」摘発でドヤ顔の中国税関……でも、実は「福岡」の読み違えだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真