日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,画像加工が粗すぎ!

Koki,パリ観光ショット投稿が話題! “画像加工の粗さ”と“ダサい私服”に「正真正銘、静香の子だ!」と納得の声続々

Koki,公式Instagramより

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が7月7日、公式Instagramを更新し、話題となっている。

 ファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)でのモデルデビュー以降、毎週日曜にInstagramを更新しているKoki,。あどけなさが残るプライベートショットやピアノ演奏動画などを投稿し、毎回話題となっているが、7日の更新では、先日ファッションブランド・CHANELのコレクションで訪れたパリでのプライベートショットを公開。古着屋の前でカッコよくモデル立ちする姿や、クラシックカーの前であどけない笑顔を見せている姿などを投稿し、ファンからは「脚が長い!」「笑った顔はまだ10代って感じでかわいい!」といった声が上がっていた。

 その一方で、「確かにかわいいけど……」と言葉を濁す人もいるようだ

「Koki,の容姿については認められているのですが、下半身の画像修整の粗さに驚愕する人が多数います。その中には『画像2枚目の右足後ろの階段がゆがんでいる』『画像3枚目の両足下のレンガに隙間が空いてる』『画像4枚目の左足後ろの引き出しがゆがんでいる』と、どこがおかしいのか詳しく挙げている人たちも。『修整技術を勉強しないとダレノガレ明美の雑な脚長加工みたいに、一生ネチネチ言われちゃうよ~』『画像修整はママより友達に習ったほうがいいかもね!』といったアドバイスや、『むしろ加工しなくても十分キレイだと思うんだけど……』といった声が上がっていました」(女性誌ライター)

 母親である工藤も以前、「脚の長さが違いすぎる」と画像修整の粗さが指摘されていたことがあったが、その部分も似てしまったのだろうか?

 また、ネットではこれ以外にも、驚かれていることがあるよう。

「Tシャツにパンツスタイルという私服なんですが、『はいてるのってスパッツ?』『海外セレブのものまねっぽくてダサいよ』と酷評の嵐。また、工藤さんもよく同じようなパンツをはいているため、『そこも母親プロデュースかよ(笑)』『親子してダサいな~』『嫁と子どもの暴走をキムタクが止めるべき(笑)』といった声も。まだ10代で若いですからね。アラフィフの母親と同じような服を着るより、色をもっと入れたり、カジュアルな格好をすればいいのにと思いますよね(苦笑)」(同)

 二人三脚で頑張っている工藤とKoki,だが、ここまで似ていると“仲良し親子”より“双子姉妹”といったほうがいいのかも!?

最終更新:2018/07/20 13:11
こんな記事も読まれています

Koki,パリ観光ショット投稿が話題! “画像加工の粗さ”と“ダサい私服”に「正真正銘、静香の子だ!」と納得の声続々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真