日刊サイゾー トップ > 芸能  > 太田光に“共演NG”を出した人物!?

松本人志だけじゃない! 爆笑問題・太田光に「共演NG」を出した再ブレイクタレントとは?

松竹芸能公式ホームページより

 歯に衣着せぬMCぶりとゲストへの鋭いツッコミで知られる爆笑問題の太田光。太田といえば、かつてダウンタウン・松本人志を怒らせて共演NG扱いとなっていたことはもはや伝説になっているが、過去にある芸人からも共演NGを出されていたことが最近になって判明した。

 そのお笑い芸人とは昨今、再ブレイク中の兆しがあるタレント・森脇健児。森脇は90年代にアイドル的な人気を誇り、一時期はレギュラー番組12本、CM7本の売れっ子だった。森脇はその時期に、爆笑問題に“共演NG”を突き付けていたという。

 そのことが判明したのは、7月1日に放送されたTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』。森脇がゲストとして出演したのだが、太田は森脇が司会を務めていた『アイドル共和国』(テレビ朝日系・89〜91年)で共演した時のことについてトーク。司会の森脇に激しくツッコんだら森脇が固まってしまい、それに構わず太田がツッコみ続けていると、スタッフに「森脇さんから、爆笑さんNGが出ています」と言われたことを暴露した。

 森脇は太田から話を振られると「出したんかなあ?」と1回トボけたものの、「出してたんやわ。ていうかね、ガンガン来られるのがものすごく嫌やった」と素直に認め、当時の太田がかなり怖かったと話した。

 森脇に限らず、太田の鋭いツッコミの餌食になった共演者は多数おり、中でもモーニング娘。の加護亜依とのエピソードは有名だ。太田は2004年12月28日のフジテレビ系『なるほど・ザ・ワールド 復活の祭典スペシャル』にて、当時W(ダブルユー)として活動していた加護に「加護ちゃん、たばこ吸うんだよね?」とトーク。加護は「吸わねーよ」と硬い顔で否定したが、06年2月に未成年者喫煙発覚で謹慎となってしまっている。また、太田が加護に投げかけた言葉はこれだけではない。太田は04年放送の『FNS27時間テレビ』(同)の「笑っていいとも!」のコーナーにて共演した加護に「加護ちゃん、初潮は来たの?」と発言。太田はその後、視聴者や各種団体から多大なクレームが来たことを明かしている。

「そんな太田さんですが、まったくツッコミの鋭さを弱めてはいません。6月24日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)にて、藤田ニコルさんが出演した際、中学時代に付き合っていた彼の家で6時間ぶっ通しでキスしていたというエピソードを話したんです。その時も太田さんは『キスだけで済んだの、それ?』とド直球を投じています」(放送作家)

 いくら共演NGを食らおうが視聴者のひんしゅくを買おうが、おかまいなしで独自の話芸を邁進する太田、さすがとしかいいようがない。

最終更新:2018/07/17 11:44
こんな記事も読まれています

松本人志だけじゃない! 爆笑問題・太田光に「共演NG」を出した再ブレイクタレントとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真