日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 斎藤工がボランティアで高評価の理由

斎藤工、西日本豪雨災害ボランティアで「評価」された理由

斎藤工

 俳優の斎藤工が、広島県内で西日本豪雨被災地でのボランティア活動をしていたことが話題となっている。

 斎藤は15日、仕事がオフのため現地入り。作業着にマスク姿で泥をかき出したりする姿を一般人がTwitterに投稿していた。作業だけでなく、記念撮影やサインにも応じるなど、芸能人として被災者を勇気づける行動をしていたという。

「安易にSNSで豪雨災害の話題をつぶやいたりする芸能人と違い、いち早く現地入りして手伝ったことは大きい。また、それを自ら吹聴することなく現地の人から発信された形で世に広まったのも、いい流れだったと思いますよ」(芸能関係者)

 斎藤はブレークまで時間がかかったが、現在はドラマ、映画に引っ張りだこ。東京都港区出身だが、2016年には広島を紹介する観光ガイドブックの仕事で各地を訪れている。

「そうした縁も、今回のボランティア参加の一因でしょう。ポイントは、継続的にそうした活動をできるかどうか。今回の豪雨災害は被災した地域が広範囲で、手が回っていない所も多くある。そうした場所を定期的に回るのもいいでしょうね」(同)

 一歩間違えれば“売名行為”と取られかねない被災地ボランティアへの参加だが、真摯な振る舞いは現地でも好評だったようだ。

最終更新:2018/07/19 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真