日刊サイゾー トップ > 芸能  > 斎藤工がボランティアで高評価の理由

斎藤工、西日本豪雨災害ボランティアで「評価」された理由

斎藤工

 俳優の斎藤工が、広島県内で西日本豪雨被災地でのボランティア活動をしていたことが話題となっている。

 斎藤は15日、仕事がオフのため現地入り。作業着にマスク姿で泥をかき出したりする姿を一般人がTwitterに投稿していた。作業だけでなく、記念撮影やサインにも応じるなど、芸能人として被災者を勇気づける行動をしていたという。

「安易にSNSで豪雨災害の話題をつぶやいたりする芸能人と違い、いち早く現地入りして手伝ったことは大きい。また、それを自ら吹聴することなく現地の人から発信された形で世に広まったのも、いい流れだったと思いますよ」(芸能関係者)

 斎藤はブレークまで時間がかかったが、現在はドラマ、映画に引っ張りだこ。東京都港区出身だが、2016年には広島を紹介する観光ガイドブックの仕事で各地を訪れている。

「そうした縁も、今回のボランティア参加の一因でしょう。ポイントは、継続的にそうした活動をできるかどうか。今回の豪雨災害は被災した地域が広範囲で、手が回っていない所も多くある。そうした場所を定期的に回るのもいいでしょうね」(同)

 一歩間違えれば“売名行為”と取られかねない被災地ボランティアへの参加だが、真摯な振る舞いは現地でも好評だったようだ。

最終更新:2018/07/19 08:00
こんな記事も読まれています

斎藤工、西日本豪雨災害ボランティアで「評価」された理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真