日刊サイゾー トップ > 芸能  > 剛力彩芽、釈明も「当初は難色」

剛力彩芽“クソリプ発言”でヒール役に……事務所の指示で釈明文掲載も「当初は難色を示していた」

剛力彩芽

 迷走する女優・剛力彩芽に対する世間の目が二転三転している。

 剛力はファッションサイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の前澤友作社長と交際中。16日に行われたサッカーロシアW杯決勝戦の写真を、前澤氏と行ったとわかる形でインスタグラムに投稿し、ゾッコンぶりが話題に。さらにコメント欄に「やっぱ金持ちはモテるな~女性遍歴知ってる?」とからかう声が寄せられると「お金がなくてもモテるので心配ですけどねっ笑」と返信し、最後はハートマーク付きで「クソリプありがとうございました」と送り返した。

 一部ネットメディアでは、それを「前澤氏をイジられても『神対応』」と報じられたが、実際の評判はガタ落ち。ネット上では「調子に乗ってる」「どうせポイ捨てされる」など、すっかりヒール役に成り下がってしまった。

 これに危機感を抱いた所属事務所・オスカープロモーションは、剛力を口頭で注意。22日、剛力はインスタで「今、私がここにいられるのは、紛れもなく皆様のお陰です。与えていただいた環境やチャンスを無駄にせず、お仕事でもプライベートでも自分のできることは諦めずに全力で吸収しやり遂げ、足りないところがあれば勉強し、少しでも皆さまの笑顔につながるようなことがしたい、というのが今の私の答えです」と異例の釈明文を公開。「役者としてプライベートを見せることがどうなのか、という考えもありますが、自分の身の周りに起こる出来事は自分のお芝居とも表裏一体で、人間的な成長にとっても大切な要素です。そんな一瞬一瞬を感謝の気持ちで投稿できたらなと思います」と、“ファン第一”であることをアピールした。

 その後、剛力はくだんのW杯写真など“前澤臭”の漂う投稿を一斉削除。すると、ラジオで剛力に対し苦言を呈していたナインティナインの岡村隆史や明石家さんまに非難の声が一斉に寄せられ、ウーマンラッシュアワー・村本大輔やフィフィら、多くのタレントから剛力を支持する声が上がった。

 一説には、所属事務所が課した釈明文掲載に、剛力が当初難色を示していたという話もある。やはり、頼るべきは老舗事務所ということか。

最終更新:2018/07/24 17:00
こんな記事も読まれています

剛力彩芽“クソリプ発言”でヒール役に……事務所の指示で釈明文掲載も「当初は難色を示していた」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真