日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,ついに話題が「父親似」だけに……

Koki, Instagram頻繁更新も、聞こえてくるのは「キムタク似」との声だけ……早くも“旬”は終了か

Koki,公式Instagramより

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女・Koki,が7月22日、Instagramを更新した。

 この日、Koki,は京都滞在中の画像を投稿。観光スポットである平等院鳳凰堂でのショットを数枚上げ、その中でもサングラスをかけたショットには「キムタクに似ている」との声が多く上がっていた。

 しかし、これを批判的に捉える人も多いようだ。

「これまで、Koki,さんはInstagramにたくさん画像をアップしていますが、毎回聞こえてくるのは『キムタクに似ている』というものだけ。これに気が付いた人たちからは『失速したな』『もう終わりか。早かったな』との声が殺到しています。また、やたら木村さんに似た画像を上げていることに対し、工藤さんの”戦略”と捉える人も。『父はキムタクっていう自慢かよ! ウザいわ~』と怒る人もいますね」(芸能ライター)

 ほかにも、静香とともに投稿しているKoki,に対して「自慢げな性格が静香と同じでムカつく!」との声も多く上がっているとのこと。

「工藤さんはフランス・パリで披露した2ショット以来、Koki,さんの写真に映っていません。しかし、工藤さんが自身のInstagramで『京都公演終わった』と報告したのとほぼ同時にKoki,さんもInstagramに京都でのショットをアップしたことで、『親子だとアピールしている』と批判の声が殺到。『“親子です”アピールがウザい!』『静香だけ嫌いなのに、匂わせないでよ。このコまで嫌いになるわ』と嫌悪感を持つ人も現れている状態です」(同)

 衝撃のモデルデビュー後、露出もなく、唯一更新しているInstagramに投稿する画像には「キムタク似」としか言われなくなり、すでにネタ切れ感が否めないKoki,。その上、好感度が皆無の静香の陰がチラつき、好感度もだだ下がり状態。世間では「すでに終了している」との声も上がっているが、それを打開する次なる一手はいつなのだろうか?

最終更新:2018/07/25 11:00

Koki, Instagram頻繁更新も、聞こえてくるのは「キムタク似」との声だけ……早くも“旬”は終了かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真